トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

【Fortsetzung】

Fortsetzung(フォルトゼッツング)(女):続き、続編、継続、続行など。Fortsetzung folgt(フォルトゼッツング フォルクト)で「以下次号」、「つづく」 連載ものの記事などの終わりにくっつける。

(前回の日記の続き)

父の実家から1時間ほど離れた街にいる知人の話である。

わたしよりもひと回りほど年上のご婦人で、仮に久野さんとする。久野さんのご主人はやはり、ロス女史の母親と同じように脳溢血で倒れて、病院で寝たきりになっていた。奥さんは、工場のラインで製品検査の仕事をパートでしながら生計を立てていた。毎日仕事が終わってから、原付を飛ばして病院に駆けつけ、体の自由のきかない夫とのひとときを過ごし、そして帰宅、出勤、病院の繰り返しの毎日だった。実に大変だったと思う。

ご主人が倒れたときは、医師から「半年ぐらいでしょう」と言われた。しかし、何故か持ちこたえて、いつしか入院してから1年半にもなっていた。実はこのご主人、年は可成り離れてはいるけれど、わたしの大学の先輩であって、一度お見舞いに伺ったことがある。大柄な人で、ベッドが窮屈そうだった。意識はあるようだけれど、口はきけないし、そもそも生きる希望をなくしている様子で、話しかけても何の反応もない状態だった。

わたしの記憶が正しければ、このご主人は大正生まれで、かなりの関白亭主だったそうだ。大学を出て、新聞記者になり、1冊だけだが著書も上梓して、落選したがどこかで選挙にも打って出たという人だ。ひとかどの人であった。だから(?)、頑固者で人と衝突することもしばしばだったらしい。

奥さんはごく普通の「関西系のおばちゃん」で、わたしからすれば、いちいちモードチェンジしなくても会話の出来る人であった(笑)。可成り年の離れたご夫婦で、突っ込んで聞いたことはなかったが、ご主人は再婚なのだろう。まさに、ご主人と細君という感じのご夫婦だったと聞いた。

病室では、元気だった頃の思い出話を話してくれた。元気だった話、独善的だった話、etc・・・そして、「それが今はこんなことになってねぇ」と、嘆きでも愚痴でもない、乾いた感じのお話しにわたしは相づちを打っていた。

ある日、この奥さんがわたしに言った。

「うちの人がこの間、初めてわたしにお礼を言うてくれたんですぅ~」

「あ、口きかはったんですか?」

「いつもすまんなあ、ありがとう、ってね」

「へえ、良かったですね」

「はいもう、今までの苦労が吹っ飛びましたわぁ!」

「ありがとう」のひと言で借りが全部返せたのなら、安い話だが(笑)。でも、奥さんは嬉しそうだった。本当に、今までの、元気だった頃を含めての「いろいろ」がこのひと言で吹っ飛んだような感じだった。そして、それから1週間ほどして、久野さんのご主人は亡くなられた。最後にこのひと言を言わなければならなかったのではないかと思わずにはいられないタイミングだった。

昨日書いたキュープラー・ロス女史のお母さんや、この久野氏の人生を否定するような気持ちで書いたのではない。誰でも、若くて元気な頃は、自信満々で少々肩肘も張って、突っ張ったり突っ張られたりして生きてきて、歳を取っていたわられる立場になってから、何か・・・中和するとでも言うのか・・・人としてのバランスを取るための相に入っていくと言うのか・・・まとめに入るとでも言うのか・・・?

上手く表現できないが、人の一生というのは決して偶然の連鎖ではないと思わずにはいられないのである。

(おしまい)

| | コメント (2)

【Rueckfuehrung】

Rueckfuehrung(リュックフュールング)(女):送り返すこと、送還、返送、スピリチュアル(?)的には「退行催眠」のことをこう呼ぶ

以前、内的必用があって退行催眠のセッションを受けたことがあった。わたし自身は催眠に入りにくいタイプらしく(笑)、諸々の体験談などにあるような目覚ましいことはなかったのだが、それでも良い体験をした。そして、セラピストさんとの対話でおおいに癒されるものがあり、さまざまな気付きも得られたと思う。

この分野に詳しい人なら、ブライアン・ワイス博士という名前はご存知だろう。わたしもその著書はおそらくすべて読んだ(45冊ぐらいしかないはず)。わたしとしては、それを訳した山川紘矢・亜希子夫妻の訳文の見事さにも惹かれたのだが、もちろん書かれている内容はわたしにとってはとても興味深いものだった。

このところ体調が悪く、そうなると(長生きしたくないなあ・・・)と考える癖のあるわたしであるが、書棚にあったブライアン・ワイス博士の著書の背表紙を見て、(あ、そういう輩ほど長生きするんだ・・・)などと思って、勝手に考え直したりした。(爆)

『「前世」からのメッセージ』という表題のPHP文庫である。この中に、特に記憶に残った一節がある。

世界的に有名な精神科医であるエリザベス・キュープラー・ロス女史について書かれた一節だ。ロス女史は臨死体験に関する研究でも知られ、著作も多い。ワイス氏とも知り合いである。そのロス女史がワイス氏に直接語ったとされることだ。

ロス氏の母親は大変高潔な女性だったようで、ワイス氏の著書にはあまり具体的なことは書かれていないが、他人には多くのものを与えつつ、そのお礼は一切受け取らないという生き方を全うした人だと言うことだ。キリスト教的薫陶の賜なのだろうか。

その母親が脳溢血に倒れ、身体の自由を奪われたまま4年間の闘病の末に他界した。エリザベスは神を恨んだと書かれている。

臨死体験の経験などにも触発されてか、ロス女史は瞑想などもするようになっていたそうで、母親が亡くなってしばらくしたある日、瞑想中に『強力な内なる声』または『メッセージ』を投げかけられた。その声はエリザベスに言ったという:

「あなたはなぜそんなにわたしを恨むのか?」

「あなたが母を苦しめたからです、あんなに、他人のためにすべてを与え、自分のためには一切受け取らなかった立派な母をです」

とロス女史は心の中で答えたそうだ。

すると、その声は言った。

「あれこそ神からの贈りもだったのです。愛を受け取る人がいなければ、誰が愛を与えることが出来るのですか?バランスが取れていなければなりません。あなたのお母さんは、たった4年間でそれを学ぶことが出来て次へ進むことが出来たのです。これが出来なければ、何らかの障害などの理由で、嫌でも他人の愛を受け取らなければならない立場になって戻って来なければならなかったでしょう」

これを聞いて、エリザベスは怒りから解放されたと言うことが書かれてあった。

ロス女史の母親は、その人生の大半において「与えること」=「感謝を受けること」を学び、実行し、その締めくくりに「受け取ること」=「感謝すること」を学んだと言うことだと理解した。

ロス女史の母親から助けて貰った人は、余力が出来たときにお礼がしたかっただろう。けれど、それは受け取って貰えなかったわけだ。すこし頑なな生き方にも思える。他人に与え続けていたとき、実は天秤に掛けたなら「自己満足」が少し多かったのだろうか?逆に、他人の助けを受けざるを得なかった4年間では、多くの他人に一種の「満足」を与えていたのかも知れない。そう言う面もあるだろうとおもう。

「愛」とか、「感謝」というものは、循環するべきもので、出すことと受けることがバランス良く行われるのが、もっとも自然な状態なのかも知れない。

「人生っちゅうんは、最後の最後には帳尻が合うてるもんやねん」と、昔わたしの周囲にいた賢人がよく言っていたが、そうかも知れない。まあ、最後の最後でないと合わないらしいが(笑)。ロス女史の母親も、最後にまだ学んでいなかったことを学んで、そして逝くことが出来たのかも?帳尻が合うまでは死なせてもらえなかった?

もし、彼女がもっと柔軟に、他人からの好意も受け取って生きていれば、人生の最後のシーンはもう少し別なものになったかも知れないと、この話の行間には書かれているように思う。けれど、病気で苦しんで死んだとしても、それが不幸かどうかは誰にもわからないのだ。

これとよく似たことを、わたし自身も見聞したことがある。

(次回に続く)

| | コメント (3)

2006年5月 7日 (日)

【Ferientage】

Ferientage (フェーリエンターゲ) :休暇 ・・・・・ 欲しい orz

*******************

国民性の違いを題材にしたジョークは数多くあり、笑わせてくれるものが多い。

可成り昔に目にしたものだが、こう言うのがあった:

無人島に男2人と女1人が流れ着いたとき、どうなるか・・・・・

ドイツ人の場合:女は好きな方の男と結婚し、もうひとりの男が役所の戸籍係を務める。

イギリス人の場合:紹介する相手がすぐにいなくなるので果てしなく退屈する。

スペイン人の場合:女をめぐって男2人が決闘する。

フランス人の場合:女は男の1人と結婚し、もうひとりと浮気をする。

イタリア人の場合:女はスパゲティを作り、男2人は昼寝をする。

ロシア人の場合:女は好きでない方の男と結婚し、3人で果てしなく嘆き悲しむ。

オチはロシア人か?ロシア人には失礼なような気もするが、似たようなジョークは各国にあると思われるので、これは痛み分けだろう。

これには、日本人については述べられていない。おそらく明治維新以前に作られた古典的なモノなのかも知れない?

先日、GW真っ最中、某新聞のコラムでこんなのが紹介されていた(コピーではありません):

豪華客船がいままさに沈没しようとしていた。しかし、救命ボートの定員に限りがあるので、女性と子供以外は船に残るように言われた。その時船長はアメリカ人にはこう言った:

「残ると、ヒーローになれますよ」

イギリス人にはこう言った:

「残ると、ジェントルマンと言われますよ」

イタリア人にはこう言った:

「残ると女性にもてますよ」

そして日本人にはこう言った:

「皆さん残るんですって」

オチのターゲットは日本人だな。多分、アメリカ生まれのジョークだろう。いまでは可成り付き合いが深いせいか、よく見てらっしゃるわ。

これを載せたコラムは、GWに典型的に見られる、一列横並び式の、「日本式休暇のとり方」を少々皮肉った(?)ものと思われる。大型不況を経験した恐怖からか、「まとめて休むとポストがなくなるかも知れない」と思って、横並びでないと休みが取れない、云々・・・・・

そのGW、わたしは仕事していた。休みの取り方以前の問題だ。いや、自営業ゆえ、休んだら休んだだけ減収だから、その辺の事情はちょいと違うけど。そのかわり、時には普通あり得ないような平日の昼下がりにのんびりスーパー銭湯に出没したり出来るのがフリーランスのうま味だったりするのだ。ふふふ。

| | コメント (8)

2006年5月 3日 (水)

【Schulunterricht】

Schulunterricht (シュールウンターリヒト) (男):学校の授業 ・・・・・ 学校の授業は大切なものである。しかし、それを授ける教師の質によっては唾棄すべきものにもなる。これは、語学に限らない。

*****************

学校に通っていたのは随分昔のことだ。どれくらい前のことになるかというと、もう両手両足を使っても足りないので数えることが出来ない。そんなわけで、いま学校での英語の授業がどんなものなのかさっぱりわからないのだが・・・・・

巷には語学・翻訳スクールが沢山ある。わたしも、某有名スクールでの通信講座(E)を受けたし、通訳ガイド(D)を受験するときは某無名スクールに通学した。これは良いものである。学校の授業では教えてもらえないことを沢山教えてもらえる。

そういう界隈では、学校の授業での「翻訳」に関する批判的意見を聞くことが多い。実際、学校の授業でやっているような訳文を書いていたらお話しにならないことも多々ある。が、これは致し方ないことではないのかな?

学校の英語の授業、わたしが学校に通っていた頃は文法と読本がほとんどで、「視聴覚」と呼ばれていたあの系統の授業は、ほんとつけ合わせ程度だった。で、文法や読本の授業で「この英文を訳しなさい」と言われた場合、これは「翻訳しろ」と言われているのではない。文法や読本の授業では、文法的事項をマスターすること、あるいは長文の読解の仕方をマスターすることが主眼であるので、授業中に「訳せ」と言われるのは、「この文章から自分が理解した内容をもれなく反映させた日本語で、あなたがどう理解したかを先生に伝えなさい」と言うことである。それが授業の目的だから、生徒はそのようにしなければならない。

別の言葉で言うならば、この場合はまだ「インプットされた内容を伝える」ことが求められている。読解というのは、インプットである。インプットされた情報を適切に処理して、新しい情報にしてアウトプットするのが翻訳である。インプットとアウトプットであるから、これはまったく異なった性質の作業である。だから、授業では翻訳することは求められていない。文法や読本の授業では「翻訳する」必用がない。ということは、授業では「翻訳の仕方」など教えてもらえないし、それが当たり前だと思う。学校での授業が「間違い」というわけではない。ただ、「あれ」を「翻訳」だと思いこませるのが問題なだけだ。学校の授業に、「文法」や「読本」に加えて「翻訳」の授業があれば面白いと思う。そうすれば、翻訳とは(読解が問題ないという前提において)アウトプットであるから、外国語と言うよりは日本語の問題である(部分が多い)と理解できる人も増えるだろう。

語学スクールの宣伝文句の中には、学校の授業をスケープゴートにしているようなニュアンスを感じさせるものが時々見られ、釈然としない感じがする。

| | コメント (1)

2006年5月 1日 (月)

【Holden】

Holden (ホルデン) (*):かわいい娘たち ・・・・・ もともと、holdという形容詞を名詞的に使用した形。holdという形容詞で表すことのできるものすべてを指すことになるが、つまり、これが何を意味しているかは文脈による。とにかく、かわいいもの、優美なものを指す。これによく似た単語でちっともかわいくもなければ優美でもないものがある。orz

****************

Als wir juengst in Regensburg waren 「ぼくたちが昔レーゲンスブルクにいた頃」というドイツ民謡がある。レーゲンスブルクというのはバイエルンのドナウ河畔にある街で、少年合唱団が有名だったりする。

Als wir juengst in Regensburg waren,

sind wir ueber den Strudel gefahren,

da war’n viele Holden,

die mitfahren wollten.

Schwarbische, bayrische Dirndel, juchheirassa,

muss der Schiffsmann fahren.

ぼくたちが昔レーゲンスブルクにいた頃

渦巻く河で船遊びをしたものだ

可愛い女の子達が

一緒に乗せてとせがんでいたっけ

シュヴァーベンやバイエルンから来た女の子達がさ、ヤッホ!

船頭さん、いっちょ行こうか!

と言う感じであろうか・・・・・

この歌はその後、高貴なクーニグント嬢がお城から降りてきて、「これは本当にそんなに危険なのですか?」と聞く。すると、船頭さん曰く「純潔な乙女なら大丈夫、純潔を失ったご婦人は死にます」と答える。で、クーニグントお嬢様は、そう言われて引き下がったら、「白状」したことになるので、「えいやっ」と乗り込んだら、水の妖精に連れ去られた(=死んだ、んでしょ)。ところが、12才の女の子は(ドイツでは女の子の14歳以上は「大人」とされた)無事に急流を下った、とかいう話になる。古い時代の女性の純潔をテーマにしたお話しだ。現代の女性の皆さんは「馬鹿にするな!」と怒るかも知れない・・・・・

まあ、こういう中身のことも意識しないでいた頃の話である。

この曲は、中身とは裏腹に、元気の良い明るいメロディが人気で、ドイツ人ならおそらく誰でも知っている。東京音頭みたいなものか。わたしもこのメロディが気に入って、1番の歌詞だけいつの間にか暗記していた(これがくせ者だったかも知れない)。

ドイツにいた頃、ある時仲間内のパーティーがあってわたしも、まだそんなに馴染みはなかったのだがちゃっかりと呼ばれていた。そしてそこで誰かがわたしに、「大学で合唱団に入ってたんでしょ?何か歌ってよ、ドイツ語で!」と言った。わたしは、じつは密かにのど自慢だったので、嫌がる振りをしながら(可愛くない)歌った。このAls wir juengst~を。

そこで、ひとつ単純な間違いを犯した。それはほんの一瞬のことだった。それぐらい見逃してくれてもええやんか、と言いたくなるくらい一瞬のことだった。しかし、これが人々の記憶に残った。多分今でも覚えられているだろう。彼らにとって、わたしは忘れ得ぬ海外からの友人と「なってしまった」と思われる。

その間違いは発音の間違い。アルファベートの12番目の「L」を発音できなかったのである。舌が空回りしたと言おうか・・・・・のど自慢ではあったが、ドイツ人の前でドイツ語で歌うので、ちょっと力んだと言うべきか。いや、それでも、その発音ミスはたったの1箇所だったのだ。ただし、狙ったようにその1箇所で。

その単語は、上記の1番の歌詞の3行目最後の「Holden」である。この「L」が発音できなかったのだ。ドイツ語がお出来になる方は、ここでせいぜいお笑い下さいませ。ふ…

Holden」の「L」がなくなると「Hoden」である。Hodenというドイツ語は確かに存在する。これは複数形であり、単数形は「Hode」だが、普通複数で用いる。この箇所を通過した途端、会場がドッと沸いた。当たり前だ。しかし、わたしはなぜそんなにウケているのかわからなかった。あるオヤジなどは椅子から転げ落ちて、幸せそうに笑っていた。ゲタゲタと。

訳がわからないまま宴は終わった。翌朝、メールが来ていた。親切に昨夜の笑いのわけを教えてくれた。『HoldenHodenに聞こえたんだよ!』

わたしは死んだ。

ドイツ語に詳しくない方も、どういう傾向の話か想像がついているかも知れない。Hodenとは、『人間などの動物の雄の後ろ肢の付け根で、嚢中に2個で一対をなす、あの物々しき存在』のことである。

では、わたしは昨夜、『レーゲンスブルクで急流下りをするときに、何故かシュヴァーベンやバイエルン出身の「Hoden」たちが、手足が生えて目玉のオヤジみたいになったのが、「一緒に行ぐ~」とかいって、沢山、わらわらと寄ってきました』みたいな歌を歌ったことになるのか?気が遠くなる。

以来、わたしはドイツ語でも何語でも「L」を極めてはっきりと発音するようになった。当然であろう。いまでは完璧だ。ネイティブの折り紙付きだ。通訳をしたとき、本当に1回だけ『「L」と「R」の発音が良い。日本人とは思えない。』、と褒めてもらったこともあるぐらいだ。1回だけだがね。

語学でも歌でも、その他のどんなことでも、上達の陰にはこのような「恥」がある。「恥」を恐れていてはいけないのだ。ま、わたしの場合は偶然だったのだが・・・・・

たまにはこんな話も書きたい樅の木であった。

| | コメント (4)

トップページ | 2006年6月 »