« 【Die Zauberfloete】 | トップページ | 【Maestro】 »

2006年6月28日 (水)

【Elefant】

Elefant (エレファント)():ゾウ(象)

今、ブログのタイトルになっている ”Elefant im Porzellanladen” とは、そのままだと「磁器店の中にいるゾウ」→「瀬戸物屋に迷い込んだゾウ」となり、これは「不器用なためにやることなすことぶち壊してしまう人」のことを言う。

Porzellan zerschlagen で「磁器を破壊する」→「慎重さを欠いた言動でぶち壊しになるようなことをする、無用のトラブルを起こす」という表現もある。

似たようなことを表しているけれど、Elefantが入っていると、どこか柔らかく響く。ま、ゾウが瀬戸物屋に迷い込んできたら、物が壊れて当たり前だ。「悪気はないらしいけど、仕方ないな~」っていうニュアンスがあるのだろうか???

わたしはこの表現が好きで、ドイツにいた頃日常でよく使っていた。他にも笑える表現を見つけると、すぐに実地で使って試してみたりしたものだった。

そう、わたしはドイツ語でも好んで「おちゃらけ」を書いたり語ったりしていたのである。よくお世話になっていた旅行代理店(ま、JTBだが)に、チケットその他の手配を頼むときなど、細かいことをいろいろと注文するので、わかりやすく見やすい文書にしてFaxするのだが、その時必ずA41枚分は「おちゃらけ」に費やしていた。今のように、「ブログ」などなかった時代である。彼らはわたしの餌食であった(爆)。こっちは客だし、それに向こうも結構「楽しみ」にしてくれていたらしい♪

さて、そのドイツ生活の最後、別れの宴やら引き継ぎの事務など、なんだかんだで2日間徹夜でわたしはへろへろだった。そして、フランクフルトから日本へ向かう。帰りの便も、なかなか空きがなかったところ、現地のJTBのおなじみのベラ・ファイラーさんのウルトラCでチケットを確保してもらった。フランクフルトからパリまでエールフランスで飛び、パリからは全日空で成田までという組み合わせ。当時はまだ、違う航空会社のカップリングは珍しかったのに、上手くやってくれたと思う。

ところで、フランクフルトのエールフランスの窓口で、先方のミスによるトラブルがあり、わたしは素晴らしく怒った。2日間徹夜の疲れで大人の振るまいが出来なかった。それに、窓口のフランス女も完璧に無礼であった。結局、わたしのドイツ最後のシーンは、空港カウンターで罵り合いだったのである。10年以上にも及ぶドイツ滞在の成果として、あらん限りの罵倒をドイツ語で浴びせた。今は笑えるが、当時は本気で怒った。エールフランスに怒りのFaxを送ったぐらいだ。日本のブランチから詫びの電話が入った(笑)。

ハプニングはそれだけではない。

今度は飛行機が飛ばないのだ。皆さんもご存知と思うが、飛行機は飛んでナンボである。それが飛ばないのだ。3時間待ってもまだうんともすんとも言わない。羽ばたきもしない。その時わたしは気付いた。パリで全日空に、すなわち別の航空会社に乗り継ぐと言うことを。

同じ航空会社なら、乗り継ぎ客の便宜を考えてくれるのだが、別の会社だとそうも行かない。特に片方がエールフランスなのだから、便宜を図って貰える希望はほとんどない(この日の出来事以来、わたしはアンチエールフランスである)。そこでわたしは藁にもすがる気持ちでJTBに電話した。

「ファイラーさん、飛行機飛べへんねん!どないしょ~?(ToT)

「飛んで!とにかく飛んで、パリまで!あとは何とかするからっ!」

はっきりきっぱり言ってくれた。それで少し安心して、わたしは飛行機が目を覚ますのを待った。

結局、飛行機は5時間遅れて出発した。

シャルル・ド・ゴール空港にも何故か5時間遅れて到着した。出発が5時間遅れただけでもうんざりなのに、到着まで5時間遅れて、わたしはもうすっかりふて腐れていた。

わたしと同じようにふて腐れた乗客と一緒に、とぼとぼと出口へ向かう。そして、この忌まわしい飛行機から一歩足を踏み出したとき、わたしの名を呼ばわる声がした:

「ムシュゥ マツゥイ~?」

何者だっ!わたしを捕まえに来たヤツは?

彼は全日空のフランス人社員であった。ファイラーさんが手を回してくれていたらしい。彼はこの後英語でゆっくり説明してくれた。

「ヒコウキガマテイマス。ワタシトイショニキテクダサイ。ニモツノコトモダイジョブデスカラ。」

わたしは、彼にくっついて整備係用のタラップを降りて、そのまま(この寝坊の)飛行機の足もとに降りて、全日空が手配した車に乗り込んだ。飛行機のお尻の方では、全日空のロゴの入った車が横付けされている。どうやらわたしの荷物を最優先でさがしてくれているらしい。

わたしを乗せた全日空の車は、エプロンから出発ゲートまで、風になった。その後ろを荷物車が追走する。着いた先には、わたしが乗る予定の全日空○○○便が、2時間ぐらい足止めされていた。ファイラーさんが、なんと飛行機を止めてくれたのだった。頭でもポカッとやって気絶させたのかも知れない。たったひとりの乗客のために待ってくれる全日空も、さすが日本企業であるが、いざというときそういう無理が利く日頃の仕事をしていたJTBさん、ひいてはファイラーさんのファインプレーというか、ウルトラCだった。なんとありがたい!(他の乗客の皆さんは迷惑だったと思うが・・・・・-.-;

一瞬、恋に墜ちた。ファイラーさんに(爆)。

もし彼女がわたしの目の前にいたら、わたしは間違いなく食べてしまっていたと思う(再爆)。

日本に帰ってから、フランクフルトのJTBにことの経過を詳しく書いて、JTBさんと、ファイラーさんへの感謝、そしてエールフランスへの怨嗟の声をFaxで送った。そのFaxに書いた1行、”Ich war beinahe in Sie verliebt sein, Frau Feiler! (ぼくはもう、すんでの所であなたに惚れちゃうところでしたよ、ファイラーさん!)これが、わたしがドイツ語で書いた最後の「おちゃらけ」になった。後日、ファイラーさんがえらく喜んでいた、というか「ウケていた」と人づてに聞いた(^m^)。

それにしても、自分の運命を人の手に委ねることなど、滅多にないことなのだと言うことを思った。これは不安なものだ。そしてそれが上手く行ったときは、感謝以外の何ものでもない。

10年以上のドイツ滞在の最後のシーンが、フランス人女とのドイツ語による罵倒合戦に終わったのは、何とも不徳の致すところと思うのだけれど、最後の最後、ドイツ人と日本企業に助けて貰った。アクシデントのお陰で、最後の最後に感謝がいっそう強まった。汚れ役のフランス人女性にも「ありがとう」だ、こうなったら(笑)。

でもね・・・・最後の最後でこんなドタバタになってしまうなんて、わたしもきっとどこか、Elefant im Porzellanladenなんだなあ、と思うのであった。

おしまい

|

« 【Die Zauberfloete】 | トップページ | 【Maestro】 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

わ~、すっごくドラマティックですね~♪

いろんなことを経験されていらっしゃるのですね・・・楽しく拝読しました!
面白いお話をどうもありがとうございます。

投稿: MUSE | 2006年6月29日 (木) 23時14分

樅の木さんはただ者ではない!とかねがね思っておりましたが・・・、象さん!だったのですねーっ!?素晴らしいーっ!

叩けば(叩かなくても?)いろーんな話が出てきそうですね~。良いですね~。これからも樅の木さんの日記を楽しみにしていますぅ~♪

投稿: かっ♪ぱ | 2006年6月30日 (金) 01時25分

MUSEさん

コメントありがとうございます。
ホントにドラマティックな話でした(^^;)
ドラマというのは、見るのがいいですね。実際に出演すると・・・疲れる・・・

投稿: 樅の木 | 2006年6月30日 (金) 13時06分

かっ♪ぱさん

はい、わたしは唯物(ただもの)主義者ではないので(爆)←古典です
目指しているのは、ダークダックスのゾウさんですし・・・・・(似てるのは眼鏡だけ?)

投稿: 樅の木 | 2006年6月30日 (金) 13時08分

はじめまして。ありちゅんさんのブログからやってきました。ベンジャミンくんの災難話といい、このお話といい、楽しませていただきました。同じような状況だったら、わたしも、ファイラーさんに恋をしたと思います(笑)

お話、お上手ですね。さすが関西人だ、と妙に関心してしまいました。
仕事で数年前、大阪によく出張していました。仕事はシビアでしたが、夜は愉快な人たちばかりで、酒もうまく、いい思い出がいっぱいです。

これからもちょくちょくチェックさせていただきます。在宅でのお仕事、大変かと思いますが、がんばってください。

投稿: なすび | 2006年7月 1日 (土) 05時46分

なすびさん、

おいで頂きましてありがとうございます。ありちゅんさんのところで、たびたびコメントを拝見しておりました。いちど、なすびさんのHPにもお邪魔しました。今度、じっくり拝見させて頂きますね♪

お楽しみいただけたようで何よりです。どうぞ、またご贔屓にお願い致します!

投稿: 樅の木 | 2006年7月 1日 (土) 09時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« 【Die Zauberfloete】 | トップページ | 【Maestro】 »