« 【Donnerwetter!】 | トップページ | 【Wunschpunsch】 »

2006年8月15日 (火)

【Scherzbold】

Scherzbold (シェルツボルト)():おちゃらけ野郎! ・・・・・ この~boldというエンディングで「習慣的に~する人」という言葉をつくる。Saufbold(大酒のみ)、Lügenbold(大嘘つき)、Raufbold(暴れん坊)などなど

さて、上記の「~bold」だが、辞書(つまり小学館)ではこのほかにも数例あったが、上にも書いたRaufbold君が、ファウストに登場する。楽しい名前を持った仲間と一緒に。

ファウスト第2部がそろそろ終わりに近づいてきたあたり。行番号10512で、このRaufboldと名乗る若者(実はメフィストが調達した妖しげな存在)が出てくる。戦争で皇帝の助っ人をするためにやって来たファウストとメフィストの兵隊だ。このRaufboldは文字通りの暴れん坊である。戦争には必用な人材だ(人かどうかはともかく)。で、高橋義孝さんの訳では「喧嘩屋」となっている。

楽しいのはその仲間だ。

相手を「喧嘩屋」でやっつけたら、戦利品をかっさらうのに「取り込み屋」が出てきて、そしてその連れ合いではないが同類の「早取り女」が出てきて、そしてかっさらった戦利品をはなさずにいるために「握り屋」が出てくる。この「取り込み屋」、「早取り女」、「握り屋」がドイツ語でどう書かれていたか・・・・・

「取り込み屋」・・・Habebald (ハーベバルト

)

「早取り女」・・・・・Eilebeute (アイレボイテ)

「握り屋」・・・・・・・Haltefest (ハルテフェスト

)

ハーベバルトは「すぐに所有する→すばやくかっさらう」、アイレボイテは「急いで袋に入れる」、ハルテフェストは「しっかりと掴む」、という意味合いがあるのだが、このそれぞれの名前が、いかにも実際にありそうな名前で、ちゃんと男名、女名のフィーリングも入っている。原文で読んだとき、思わず笑ってしまった。

|

« 【Donnerwetter!】 | トップページ | 【Wunschpunsch】 »

ファウスト」カテゴリの記事

コメント

樅の木さん

おはようございます。こうして書いてくださると実に面白いですね~ ドイツ語のギャグ(?)センスって、「いかにもウケ狙い」というより「よ~く考えてみると実に面白い」系が多いような気がします。

投稿: ありちゅん | 2006年8月15日 (火) 07時36分

ありちゅんさん、

おはようございます!
ドイツ、と言うか欧米系のジョークというのは、もちろんウケ狙いもあるでしょうが、いわゆる「考え落ち」の方が好まれているようですね♪
わたしは関西系も好きですが、「考え落ち」も好きです♪

投稿: 樅の木 | 2006年8月15日 (火) 09時16分

樅の木さん、前からこっそりとロムさせていただいておりますです。いつもとてもおもろいです!おもろすぎてコメントするタイミングをいつも逸しておりました・・・Goetheのこのセンス、すごいですね。そして訳すほうの想像力も。。。私はFaust原書は一応持っているもののちゃんと読んだことは残念ながらありません。日本語だけ。それでも、以前友達のドイツ人が、この有名なセリフだけを朗読というかとてもいい声で語ってくれ、これは頭につよーくすりこまれています。(趣味で)演劇かなんかやってた友達で朗々とこれを読まれるとなんだかうっとり・・・・有名な、シーン、登場シーンでしたっけ?メフィストの。?本題と少々ずれちゃってごめんなさい。有名すぎて書く意味ないかな?
Ich bin der Geist, der stets verneint!
Und das mit Recht; denn alles, was entsteht,
ist wert, dass es zugrunde geht;
Drum besser wär's, dass nichts entstünde.
So ist denn alles, was ihr Sünde,
Zerstörung, kurz, das Böse nennt,
Mein eigentliches Element.

投稿: spatz | 2006年8月15日 (火) 14時07分

spatzさん、

いらっしゃいませ!
お楽しみいただけているようでなによりです。ゲーテのユーモアのセンスはなかなかですね。きっと、おしゃべりしても楽しい人だったんじゃないでしょうか。

わたしの知人にも(ドイツ人)演劇に興味のある人がいて、彼がいちばんやってみたい役はメフィストだと言ってました。悪魔ですけど、語る言葉は真実をぐさっとえぐるモノがありますからね、そう言う言葉をざっくり言ってみたいという願望、誰にでもあるかも知れません。

引用されたメフィストの科白は、そうですね、彼が初めてファウストの部屋に現れたときの科白ですね。その知人の方、メフィストの科白を最初から練習してらしたんでしょうか?

投稿: 樅の木 | 2006年8月15日 (火) 17時43分

「文字で読む」「音で聞く」の間には大きな隔たりがあるので・・・印象に残るという意味も、読んだ本からoder耳にした言葉から、でかなり違いますね。
上記のは冒頭の研究室(ですか?穴倉のようなイメージがある場所)でムクイヌが化けてでて、お主何物?というくだりですよね。
そこのところを朗読というかもう芝居がかった声でやってくれたのですが、ううむ、でした。思わずもう一回、もう一度、と何度もやってもらってしまいましたよ。意味の深さ、韻の踏み方・・・悪魔かっこいい!なんて反応しておりました。

投稿: spatz | 2006年8月17日 (木) 06時05分

spatzさん、

そうそう!ムク犬で出てくるんですよね!
ファウストって、ほぼ全編脚韻を踏んでいるんですからすごいですよね。実際に耳にしたとき、脚韻を踏んだものって印象が散文とは可成り違うのでしょうね。(あんまり経験がない)キレイに脚韻を踏んだ文を、上手な人が言葉にする・・・・・いいですねえ~。

投稿: 樅の木 | 2006年8月17日 (木) 08時52分

樅の木さま

>キレイに脚韻を踏んだ文を、上手な人が言葉にする・・・・・いいですねえ~。

そうそう。なかなか一人で読んだりしているとわからない、文字で見るだけで音にしてみないと、韻をキレイにふんでいるなんて体感しにくい。Liedになるとまたシラブルのおき方などで韻も感じにくかったりしますよね。

テアトラーリッシュにいい声で朗読(暗礁)されると、それはもう下手したらふらふらと誘惑されちまいそうでしたよいやほんとに。

いいこえしてると特です(キッパリ)。
きっと樅の木様もあちらこちらでいろんなひとを酔わせて(声でですよ)…いらっしゃるのだろうなぁ。。。

投稿: spatz | 2006年8月17日 (木) 09時19分

またやっっちゃた>暗礁

話飛びますが、私がドイツ語に興味を持ち始めたのは、Liedです。母親が音楽が好きで、子供の頃からよくいろんなレコードが家でなってたんです(高尚な趣味、だのなんだのと言うつもりは全くありませんからね、そうとらないでお聞きください念のため笑)
保育園にいる頃に、私はBaechlein, lass dein laschen sein...と歌ってたんだそうです。(Schoene Muellerin/Schulbert)勿論きちんと発音なんて出来ないし子供なりに聞こえたように歌ってたんでしょう。DieskauとかSchreierよく鳴ってました(その影響で私も惚れてます)
まだ中学生だったかのころにマタイ受難曲聞きにつれてってもらいました(Schleiderのエヴァンゲリスト聞きました)。よって今でもこの大作は大事な曲です。

音楽って、本当に大きな力を持っているものですね。人の人生を変えますね。音楽や文学は好きで(テキトウに、研究などは一切やってませんが)今はお金になる特許業界でわけのわからない文章を日々綴る・・・人生わかんないもんですね。また長々と失礼しました。

投稿: spatz | 2006年8月17日 (木) 09時26分

spatzさん、

spatzさんもLiedからドイツ語に入られたんですが?ありちゅんさんもそんなことを書いてらっしゃいましたね。しかし、幼稚園児の頃にすでにMuellerinを歌っちゃったなんてスゴイです。引用された歌は2曲目ですね。メロディが綺麗で、わたしも好きな曲です。13曲目も良いですね♪

spatzさんは、声フェチ?(爆)

投稿: 樅の木 | 2006年8月17日 (木) 15時52分

>spatzさんは、声フェチ?(爆)

多分そうなんだと思います。きっぱり肯定します。樅の木さんに素敵な低い声で歌われちゃったりしたらもうどうなってしまうかわかりません(笑)
ありちゅんさんもそうだったのですかーやっぱり力があるっていうことです、Ansaugkraft(Saugrohrとかの訳よくやる)。
上記の歌、多分子供なりに「そらみみアワー」(ってわかりますか?タモリがやってた深夜番組)的に日本語に聞こえてたんだと思います、今どうしても思い出せない・・・子供ってそういう風になにか自分なりの意味歌詞をつけないとドイツ語なんて歌えませんものね。そのせいがあるのかないのか、あの曲集は好きです。Schubertはピアノ伴奏だけでもう一つの独立した曲を成しているように感じますね。リストのトランスクリプションなどもありますよね。13曲目ってどんなんでしたっけ?(必ずわかりますが曲順がわからない)、川に沈んでいく、あの悲しい歌でしょうか?Der Müller und der Bachてやつ、好きですねー

投稿: spatz | 2006年8月17日 (木) 16時30分

spatzさん、

13曲目は、「Schad, um das schoene gruene Band ♪」ってやつです。主人公が幸せだったシテュエーションの最後の歌。その次に来るのがDer Jaeger っていうZungenbrecherみたいな曲です♪
Der Mueller und der Bach ぼくも好きです♪昔、銭湯でよく歌いました。

Mi●iに「声フェチ」っていうコミュニティありますよ(^o^)

投稿: 樅の木 | 2006年8月17日 (木) 16時51分

「翻訳者は耳が命!」聞こえてしまいました~ ヨコから失礼いたします。

はい、私も中学校の頃、音楽の時間にSchubert の 「魔王」を聴いて、メロディだけでなく ドイツ語の響きにすっかり魅せられました。で、クリスマスか何かにフィッシャー・ディースカウのLPを買ってもらったんです。はい、大阪の寝屋川にいた頃でございます。大阪弁の洪水の中で聴くドイツ語。私にとってドイツと大阪は切っても切れない縁があるのでございました~

投稿: ありちゅん | 2006年8月17日 (木) 18時42分

ありちゅんさん、

わたしも、高校生の時にディースカウのレコード買いました。魔王も入ってましたよ♪

投稿: 樅の木 | 2006年8月17日 (木) 20時50分

Schoene Muellerinはどの曲もみんな大好き。
懐かしい思い出が・・・
私に多大な影響を与えドイツ語の道へ進むきっかけを作ってくれた母が他界する前、看病しながら二人でDieskauの音楽を聴きまくってたのです。彼女が去ったとき、彼に手紙を書きました。まだつたないドイツ語で、一所懸命。しばらくして、Dieskauから直筆のカードが届きました。素晴らしいドイツ語で書いたお手紙とても嬉しかった(お世辞ですね)…て。ちなみに自分のポートレート(渋い白黒写真でした)のついた葉書だったんですが。。。懐かしい思い出です。まファンレターていうことですけれど、あなたの音楽に私達は救われたのです、って思いを込めて書いたつもりだから・・・伝わったのかもしれない(と自己満足?)
彼の歌う、Widmung(献呈)(Schumann)という歌を聞くといつも泣けてきます。あの歌詞、泣けるのです・・・
あ、個人的に走りすぎ、おセンチすぎますね。
ごめんなさいまし。orz

投稿: spatz | 2006年8月17日 (木) 22時48分

spatzさん、

(ToT)
そういう想い出がおありでしたか。
(ToT)

今際のきわまで自分の歌を聴いてくれた人がいたと言うのは、歌うたいにとってはとても嬉しいことではないでしょうか?ディースカウもきっと、spatzさんの手紙を読んで、涙のひとしずく、捧げてくれただろうと思います。

Widmungは「ミルテの花」の1曲目の?あの音源探しているんですけどなかなか見つからないのです。今度、銀座遠征しなくては!
わたしは、いつの日か、誰か伴奏者見つけて、冥土の土産に「詩人の恋+α」でプライベート録音のCDをつくるのが夢なのです♪

投稿: 樅の木 | 2006年8月18日 (金) 08時27分

樅の木さま

ついつい個人的なことまで綴りまくりウンザリされていたらどうしよう…とちょっと心配でしたがあたたかいコメントありがとうございます(涙)Widmungそうそう、それです。音源というのは誰かの録音ってことでしょうか?DieskauがSchumannを歌ってるCDに入っていたような。私死ぬほど聞きましたもの。
Du meine Seele, Du mein Herz, Du meine Wonne, Du meine Schmerz, Du meine Welt, in der ich lebe, mein Himmel Du, darauf ich schwebe, oh Du mein Grab, in das hinab ich ewig meinen Kummer gab..
と続くもの。これ歌うと涙とまらなくなっちゃうんです。歌詞があまりにも胸に切なくて。
Dieskau,がRichter(あのロシアの大ピアニストです!)の伴奏でうたっちゃったりしてるものもあるんですよ、もう伴奏じゃなくてちょうちょうはっし、でなんかヘンだった(笑)ですが・・・
Dichterliebe、もいいですよねーーー
CDできたら是非個人販売もなさってください♪
またまた失礼いたしました・・上記の歌詞記憶のままなので間違いあるかもしれません。

投稿: spatz | 2006年8月18日 (金) 09時10分

spatzさん、

伴奏者があまりに偉大なピアニストだったりしても、それが良いとは限らないと思います。
わたしの好きな詩人の恋で、マティアス・ゲルネがアシュケナージの伴奏で歌ったものがあるんですが、これどうも好きになれなかったです。詩人の恋の伴奏なら、ブレンデルのがいいですね。いや、彼も可成り偉大ですが、キダタローに似ているので親しみが持てます♪

投稿: 樅の木 | 2006年8月18日 (金) 11時19分

樅の木様
何度も何度も失礼します。おっしゃること、同感です。begleitenではなくなってしまうのですよね。どちらも個性が強くて自己主張強くて、調和しない。S.Richterが弾いているのもそういう意味で…でした。そういう??なタイプものをきいたことがなかったので。Dieskauの声も困惑しているような感じに響いたし。
私の持っているはずの古いCD(schumannの)はキダタローの伴奏ではなかっただろうか…と思いますが手元にないのでわかりません。青っぽいジャケットで、水彩画のような絵が描いてあり、たしかDieskau自身が書いた絵、だったように記憶しているのですが。絶版だろうな・・
全然間違ったことかいてたらごめんなさい。

投稿: spatz | 2006年8月18日 (金) 13時02分

そうですね~。
ディースカウのパートナーと言えばジェラルド・ムーアが筆頭でしょうか?彼はソロ活動でも評価されていたんでしょうか?
たとえ、ソロでさほど評価されていなくても、ディースカウの音楽に協力したと言うことは、勲章上げても良いですね。

投稿: 樅の木 | 2006年8月18日 (金) 14時48分

この記事へのコメントは終了しました。

« 【Donnerwetter!】 | トップページ | 【Wunschpunsch】 »