« 【Scherzbold】 | トップページ | 【Cevepcici】 »

2006年8月20日 (日)

【Wunschpunsch】

Wunschpunsch (ヴンシュプンシュ) ():願いを叶えるプンシュ ・・・・・ このプンシュとはパンチのことで、「殴る」パンチではなくて「飲む」パンチである。ポンチ、ポンスとも。小学館独和大辞典には、『アラク酒またはラム酒・レモン・香料・砂糖・茶または水、の5つを混ぜて作る飲料、熱して飲む』とある。Wunschpunschとは、「これを飲んで願い事をすると何でも叶う」という「魔法のプンシュ」。かのミヒャエル・エンデの作品のひとつ。

さて、このミヒャエル・エンデのヴンシュプンシュ(Wunschpunsch)だが、正しいタイトルは、「Der satanarchäolügenialkohöllische Wunschpunsch」と云ふ。誰か訳して(爆)。

一度デュッセルドルフの人形劇場に女房と一緒に行ったことがある。その時の演し物がこの「Der satanarchäolügenialkohöllische Wunschpunsch」だったのである。なにやら怪しげな形容詞があるなあ・・・などと思って観ていたのであるが、これを女房のために訳してやろうかな?とか思って、劇場で売っていた原作本を買った。すると、この珍妙なるタイトルが付いていたのである。このタイトルが訳せないので、未だに女房のための翻訳は終了していない、と言うか始まっていない(爆)。そうこうしているうちに、女房が(もう一度ドイツ語頑張ろうかな?)と考えたらしく、先日の独検で3級に合格した(祝!)。そのうち自分で読んでくれる日が来るのではないかと思ったりしているナマケモノ亭主 orz ・・・・・

さて、このsatanarchäolügenialkohöllischという言葉だが、筆者がその著書の中で解説している。これを筆者は「Perspektiv-Wort」と呼んでいる。一般的な言葉ではないようで、かの小学館にも収録されていない。Dudenなら載っているかも知れない。「ミヒャエル・エンデの造語」とか書いてあったりして(笑)。

Perspektivである。Perspektiveではない。すなわち、「望遠鏡」のことだ。Perspektiveだと「遠近法」とか、「展望」という意味合いで使われる。Perspektiv-Wort、これはすなわち、望遠鏡を伸ばすように、単語の頭と最後尾をその前後の単語のそれと重ね合わせて作り、しかも結合された単語個々の意味が、どこか通じるものでなければならない。エンデによれば、悪魔と魔女の世界では、このPerspektiv-Wortは霊験あらたかな言葉として重宝されていると云うことだ。作り方を間違うと命に関わるかも知れない???

さて、このタイトルのsatanarchäolügenialkohöllischの構成要素は以下の通りである(言葉の抽出の仕方は筆者が著書に書いていたものに準じる):

1.SATAN(悪魔) 2.ANARCH(無政府状態の) 3.ARCHÄOLOG(考古学者) 4.LÜGE(嘘) 5.GENIAL(天才) 6.ALKOHOL(アルコール、酒) 7.HÖLLISCH(地獄の)

これをまず1段階結合するとこうなる(末尾に付した訳語はまともな訳語ではないからね):

1. SATANARCHISCH(悪魔のような無政府状態の) 2.ANARCHÄOLOGIE(無政府状態を研究する考古学) 3.ARCHÄOLÜGE(考古学者の嘘) 4.LÜGENIAL(嘘の天才) 5.GENIALKOHOL(天才の酒) 6.ALKOHÖLLISCH(酒地獄の)

これをさらにもう一段階進めると:

1. SATANARCHÄOLOGIE(悪魔のような無政府状態を研究する考古学) 2. ANARCHÄOLÜGE(無政府状態を研究する考古学者の嘘) 3. ARCHÄOLÜGENIAL(考古学者の嘘の天才) 4. LÜGENIALKOHOL(嘘の天才の酒) 5. GENIALKOHÖLLISCH(天才の酒地獄の)

もういっちょ行ってみるとこうなる:

1.SATANARCHÄOLÜGE(悪魔のような無政府状態を研究する考古学者の嘘) 2. ANARCHÄOLÜGENIAL(無政府状態を研究する考古学者の嘘の天才) 3. ARCHÄOLÜGENIALKOHOL(考古学者の嘘の天才の酒) 4. LÜGENIALKOHÖLLISH(嘘の天才の酒地獄の)

ここまで来たら、もう行くしかない:

1. SATANARCHÄOLÜGENIAL(悪魔のような無政府状態を研究する考古学者の嘘の天才) 2. ANARCHÄOLÜGENIALKOHOL(無政府状態を研究する考古学者の嘘の天才の酒) 3. ARCHÄOLÜGENIALKOHÖLLISCH(考古学者の嘘の天才の酒地獄の)

あともう少し!:

1. SATANARCHÄOLÜGENIALKOHOL(悪魔のような無政府状態を研究する考古学者の嘘の天才の酒) 2. ANARCHÄOLÜGENIALKOHÖLLISCH(無政府状態を研究する考古学者の嘘の天才の酒地獄の)

ついに完成!:

SATANARCHÄOLÜGENIALKOHÖLLISCH(悪魔のような無政府状態を研究する考古学者の嘘の天才の酒地獄の)

これをもし上手く文学的に翻訳することが出来たら素晴らしいと思うのである。このブログにいらっしゃる方はドイツ語に習熟した方が多いと思うのだが、こっそり挑戦してみては如何だろう?

それにしても、このPerspektiv-Wortを取っ払っても、「Wunschpunsch」というタイトルだけで、なかなか洒落ている。そして、この物語に出てくる悪魔とその叔母(だったかな?)にあたる魔女が、出来上がったPunschを飲むときに云う口上がまた洒落ている。リズムがある。子供がこれを聞いたらきっと真似すると思う。すなわち:

Punsch aller Pünsche, erfüll meine Wünsche (プンシュ アラー ピュンシェ、エアフュル マイネ ヴユンシェ):「プンシュの中のプンシュ、私の願いを叶えておくれ!」

遊んでる。ごっつ、遊んではる(笑)。コトバ自由自在、って感じでスゴイ人だと思う♪

そして、物語が目出度く終わった最後の1行は:

ENDE GUT, ALLES GUT. (終わりよければすべてよし)

って、作者がEndeさんやもんね。「エンデよければすべてよし」? アンタが良かったらすべて良いのか?と突っ込んでみたくなった樅の木であった。

Wunschpunsch01

|

« 【Scherzbold】 | トップページ | 【Cevepcici】 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

さすがであります、樅の木さん。
あたまが暑さでとろけていますので、ろくなコメントが書けないことをお許しくださいまし。
某所で、エンデコミュなるものが存在するのをご存知ですか?
樅の木さんが登場してブイブイ(部位部位って変換されちゃった)いわせちゃってほしいなあ~♪

投稿: spatz | 2006年8月21日 (月) 21時58分

spatzさん、

某所のエンデコミュ、入っております(笑)。っていうか、spatzさん家で見つけたんだったかな???
ブイブイ言わすにも、読んだのがこの1冊だけだし・・・・・でも、映画はネバーエンディングストーリーとモモを見てるか、そう言えば。

投稿: 樅の木 | 2006年8月21日 (月) 22時32分

こんばんは~ ワタシの脳は、とろけるどころか発酵しかけております・・・。臭気感知装置が作動したらどうしてくれる! エンデさんはカメがお好きみたいですよね。どこかの博物館に行った際、エンデさん秘蔵のカメ人形がたくさん展示されていました。ひょっとしてヤドカリやヤモリもお好きかなぁ~(すみません、脳の発酵のため、まともなコメントが書けなくて・・・)

投稿: ありちゅん@納品後 | 2006年8月21日 (月) 23時20分

ありちゅんさん

納品されたんですね!お疲れ様です!!
このところ暑くて、大変ですね。スルメの発酵には最適なお天気で・・・・・
そう言えば、エンデものの映画にも亀が出ていたような気がします。気のせいかな?全然関係ないけど、パペットマペットって最近何してるんでしょう?

投稿: 樅の木 | 2006年8月21日 (月) 23時56分

>エンデものの映画にも亀が出ていたような気がします

モモ、に出てくる亀さんのことでは?
背中に文字が浮き出てきて、モモがそのあとをくっついてく亀、いましたよね!?

投稿: spatz | 2006年8月22日 (火) 21時20分

spatzさん、

そう言えば、そんな亀がいたような気が!今度、原作を読んでみよう・・・・時間あれば=3

投稿: 樅の木 | 2006年8月22日 (火) 22時41分

この記事へのコメントは終了しました。

« 【Scherzbold】 | トップページ | 【Cevepcici】 »