« 【Nationalhymne – USA】 | トップページ | 【Japanische Musik – 2】 »

2006年9月26日 (火)

【Japanische Musik - 1】

Japanische Musik (ヤパーニッシェ・ムズィーク)(女):日本の音楽 ・・・・・ ここでは、Jポップなどは含まない、日本古来の伝統音楽の意で。

国歌に関する日記の中で、日本の国歌の編曲についてひと言だけ書いた。その中に坊田寿真という人の名を挙げた。この人は「日本旋律と和声」という著書がある。

この人は、広島県熊野町出身の、昭和初期に活躍した童謡作曲家で、小学校の音楽教育に熱心で、器楽合奏を取り入れるなど当時としては進歩的な指導を行ったと言われている。参考サイト↓
http://tnguide.jp/hr/kumano/

坊田氏の他にも日本和声に関する著書はあるが、わたしが所有したのは坊田氏の著書だけだった。今でも実家のどこかに眠っているはずだ。

日本固有の音階は五音音階であると言われる。厳密に言うと、音階と旋法とは違う。旋法とは音階をさらに、主音の位置や音域などでさらに細分するものである。付け焼き刃の知識であるが、三分損益の法によって得られた五声を基本音階(五音音階)とし、その第1度に主音を置くものを呂旋法、第5度に主音を置くものを律旋法と言う。(汗)

日本には、このように西洋のそれとはまた違った音階と旋法があり、日本の音楽にはそれをもとに考案した和声を付けようという研究が斯界の片隅で行われていた。わたしはこれに興味を持って、学生時代に前述の坊田寿真氏の著書を購入して一応読了した。遠い昔のことである(笑)。

当時、グリークラブに在籍していて、ウィリアム・バードやジョスカン・デ・プレという作曲者の作品なども歌えば、ご存知(?)多田武彦氏の諸作品にも親しみ、そして間宮芳生氏などの作品なども歌った。そんな中で、西洋音楽にはない和声付けをしている曲(部分)などにも出逢った。

また、グリークラブで歌う傍ら、父に勧められて左門会のお師匠さんのところで三味線を習っていたこともあり、日本的な音の響きにも関心があったのである。

で、日本の音楽に西洋音楽の和声付けをするということに、少々抵抗があったのだった。NHKを最後まで観ていると、君が代が流れるが、あの和声は西洋のものだ。それはそれで美しい響きなのだが、どこか釈然としないものを感じていた。

ただ、当時は男性合唱の方に傾倒していた、すなわち西洋の和声にどっぷり浸っていたころであり、しかもその楽しみに目覚めたばかりであったので、日本の音階を基準にした和声は、どことなく空虚な感じがして(失礼)、結局日本和声というものに深く傾いていくことはなかった。勿体なかったかも知れない。

わたしは、今も某混声合唱団に所属しており、今年はロ短調ミサ全曲演奏に挑戦するなど、西洋から発した豊かな和声の恩恵にあずかっている。基本的にそっちのシンパである。しかし、その西洋の音楽も、中世頃まではそれほど豊かな響きの音楽ではなかったようだ。単旋律のグレゴリオ聖歌から始まり、それを定旋律とした多声音楽の萌芽が見られるのが、9世紀頃のことらしい。それから中世中期末期を経てルネサンス期の音楽は、現代のわれわれが聴いても十分に豊かな和声付けがなされていると思う。現代から見て1000年昔というのは、多分大昔なのだろうが、そんなにすごい大昔ではないような気がする。

何が言いたいかというと、西洋では音楽の多声化がゆっくりとした時間の流れの中で、(あるいは長期にわたって)進められ根付いていったということ。日本和声の考案は大いに興味深いことなのだけれど、確固とした和声体系のない音楽にいきなり完成した形(?)の和声を付けるのは、要するに西洋和声の応用と言えなくもない気がする。あるいは、これはまさしく「考案」であって、「発生」ではないと言っても良いかも知れない。もし、日本民族の手で、西洋におけるそれのようにゆっくりと実践を繰り返しながら多声部の音楽が根付いていったら、どんな音楽ができていたのだろう?そう、1000年前の状態は、声部という点ではそれほど大きな差はなかったのだから、もしまかり間違っていたらどういうことになっていたんだろう?と、妄想が湧き起こるのである。(続く予定)

|

« 【Nationalhymne – USA】 | トップページ | 【Japanische Musik – 2】 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

遠い昔、日本の音階を学校で習いました。「ミファラシレミ」と歌わされた記憶が・・・。で、沖縄の音階が「レミソラドレ」だったっけ・・・。ちょっと記憶が曖昧です。だけど、「ドレミ」を当てはめること自体、本当は邪道なんでしょうね。でも、小学生にはそのほうがすんなり頭に入るから、ということなんでしょうが・・・

話は40度変わりますが、実家のはす向かいに昔、オーストラリア人の尺八奏者の方が住んでいました。毎日練習なさっていて、よく聞こえてきたのですが、不思議な楽譜を持っていらっしゃった記憶が・・・。その方、プロになられて 時々TVにも出演なさいます。

投稿: ありちゅん | 2006年9月26日 (火) 13時00分

ありちゅんさん♪

三味線も、記譜法はさまざまです。左門会(杵屋の一派)では、「いろは譜」が使われていました。勘所すべてに、いろは48文字のどれかがあてられているというものです。楽譜は縦書き。歌の言葉の横に「らけらつ」とか書いてあるのです(^-^)

投稿: 樅の木 | 2006年9月26日 (火) 22時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« 【Nationalhymne – USA】 | トップページ | 【Japanische Musik – 2】 »