« 【Zum Griechen gehen! - Ouzo】 | トップページ | 【Frische Luft】 »

2006年10月22日 (日)

【Zum Griechen gehen! - Gyros】

Zum Griechen gehen!
Gyros (ギュロス):ギュロス ・・・・・ 有名なギリシャ料理のひとつ。ギリシャでは「ギロ」と呼ばれているらしい。

昔住んでいた街で、我が家(部屋)のすぐそばに、ギリシャレストランができたので、行ってみた。その前に、「ギリシャレ料理なら「ギュロス」が美味しいわよ」と、教えてくれた人がいたので、迷わずギュロスを注文した。それを待っている間にウーゾと出逢ってしまったことは、先回の日記に書いた。人が相手の場合でも、会いに行った目的の人より、応対に出てきた人の方がどっちかというと運命の出逢いなのではないか?と思われるようなケースがあるらしいと聞いている。いや、ギュロスはもちろん期待通りだったが、ウーゾという強力な対抗馬が現れて、ギリシャレストランにおけるわたしの身の処し方には、極めて微妙なものが発生したのであった。が、まあ、閑話休題。

Grieche_gyros ギュロスとは、肉料理である。たぶん豚だ。この写真のように、1mぐらいの高さの肉柱(ディスク状の肉を積み重ねたもの)をヒーターの前で回して焼く。そして、焼けた分から刀で削ぎ落として食べるのだ。これは、トルコ系のインビスではケバブとかデルナー、あるいはユフカというものにも使われる焼き方である。ギリシャ、トルコあたりのローカルな方法なのだろうか?こうして焼くと、脂が流れ落ちるので、肉としては結構ヘルシーな食べ方だと思う。しかし、焼く前にしっかりと下味が付いているので、特に「濃い~の」が好きなわたしには「美味」である。

Grieche_gyros2 初めて食べたときは、「ずいぶんパサパサした肉だなあ」と思ったけれど、味付けも好みで、しかも肉がすでに食べやすい大きさの塊になっているので、随分と気楽に食べることができてゼーア グートであった。この写真ではフライドポテトが付いていたりするが、わたしの行きつけのレストランでは、葉っぱが少しとサワーチーズにオリーブの実、それからケチャップライスなどがつけ合わせでついていた。

このレストランでは、「ロードス」というギリシャワインが飲めた。このギリシャワインは、安物である。店のワインのラインナップの中でもいちばん安い。しかし、これがわたしの好みに合ったので、いつもこの「ロードス」ばかり飲んでいた。デカンタで。安あがりな男だ(爆)。いえいえ、多くのギリシャ・ワインの赤は甘いのが多くて「ちょっと堪忍してぇな」という感じだったのだが、このロードスはフルーティーな味わいで、沢山飲んでも平気なのだった(甘いのを沢山飲んだら悪酔いしそうで・・・)。

ギリシャレストランの店内は、大抵明るい色彩の絵で飾られ、ギリシャのフォルクローレと思しきBGMが流れている。ものを食べるのには良い環境だと思う。日本でもあれば行きたいのだが、残念なことに川越あたりにあった「タベルナ・ヨルゴス」というレストランが閉店したそうで、似たようなものを食べたければトルコ系のインビスでも探すしかないようである。

日本で探すより、ふらっとドイツに行く方が早いかな?

|

« 【Zum Griechen gehen! - Ouzo】 | トップページ | 【Frische Luft】 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

そうそう!こういう肉!こういうのを、いちど食べてみたいです。うまそうだにゃー。

投稿: なすび | 2006年10月22日 (日) 20時09分

出ましたね、シリーズ第二弾。

原宿=表参道にこんなのがあるようですよ。
http://www.spyros.jp/index.cgi

ウチからはちょっと遠い。三宮に一軒あったらしいんだけど…。

「ロードス」、僕も飲んでいたかもしれません。

投稿: takuya | 2006年10月22日 (日) 22時28分

ケバブに似た料理がブラジルにもあるので、ラテン系にも同じ起源があるのでしょうか。

ギロスのピタサンドは、ギリシャでは最も普及されたファーストフードなので、ギリシャのマクドナルドでもメニューにありました! 日本の「月見バーガー」(食べたことありませんが)のように、ご当地メニューなのでしょうか。

それから、ウゾ! アニス臭(物質名としては、アニソール、アニスアルデヒド)のリキュールですね。なかなか、奥の深いお酒です。そのアニソールなどの成分は、水に対する溶解度が低いので水を加えると濁ります。

その香りを付けていないのが、ラキ。ブドウから作っているのに、香りは焼酎の様な感じでした。ワインの絞りかすを蒸留して、家庭用のラキを作るらしいです。

ギリシャ人は香りが好きなのか、ワインも松ヤニで香り付けします。これもクセが強いのですが、飲むにつれて馴染んでくるのです。

先々月に、クレタ島(4年前に続いて2回目)に行きましたが、短期訪問の”にわかギリシャ通”の情報で申し訳ありません。

投稿: 塩爺 | 2006年10月22日 (日) 22時35分

なすびさん♪

これは美味しいですよ。日本人好みの味付けではないかと思います。


takuyaさん♪

お店の紹介ありがとうございます!覗いてみたら、ぼくが引用したGyrosの写真、よそのブログで拾って来たものなんですが、この店の写真でした。そのうち行ってみます。かわごえよりも近いし(^^)


塩爺さん♪

ああ、そうですね。ギリシャに行かれてましたよね?アニスの香りと白濁の秘密がわかりました。でも、アニス臭じゃなくてアニス香と書いて(笑)。

わたしは、ギリシャ料理と言ってもドイツで食べただけですから、これとて生半可な記憶程度のもので、こちらこそ申し訳ないです。

投稿: 樅の木 | 2006年10月23日 (月) 08時45分

★樅さま

こんにちは~ 樅サマもよ~くご存じの、「納期後の脱力フヌケ状態」でございます。(←書いた本人が、『脱・かふぬけ』って読んでしまいました。私アホ。)なんか自分の頭で考えられないよー と言いつつ、香ばしいお肉の匂いに誘われてやってきました。ギリシャ料理、私も好きでした。例によってお酒は下戸なのですが、よく雰囲気で酔っ払って騒いで帰ってきました。あー また行きたいーー

投稿: ありちゅん@フヌケ | 2006年10月23日 (月) 17時12分

ありちゅんさん♪

そうですか、ふぬけですか。お疲れ様でした。
ぼくはこれから11月中旬ぐらいまで連チャンです。字幕ほど長いスパンではないだろうと思うのですが、それでも5~7日ぐらいかかるものが3本続くと、長編でも抱えている気分になりますね。

投稿: 樅の木 | 2006年10月23日 (月) 20時48分

今日、ブログを開いてみたら、今まで表示されていなかったテンプレートのボトルの絵が表示されている。何も特にいじっていないのに・・・?これは、Nifty側のバグだったのか?

なにはともあれ、これでスッキリ♪

投稿: 樅の木 | 2006年10月24日 (火) 15時02分

この記事へのコメントは終了しました。

« 【Zum Griechen gehen! - Ouzo】 | トップページ | 【Frische Luft】 »