« 【Frau Charlotte Lehmann】 | トップページ | 【Zum Griechen gehen! - Gyros】 »

2006年10月12日 (木)

【Zum Griechen gehen! - Ouzo】

Zum Griechen gehen (ツム グリーヒェン ゲーエン )(文):ギリシャ料理食べに行こう! ・・・・・ 「違うやろ~?」と思われた方、あなたは正しい(と思う)。在独中、ドイツ人の友人達とギリシャ料理店に行くとき、決まって誰かがこう叫んだものだった。これだと、「ギリシャ人のところに行こう!」ってことだろうけど、「ギリシャ人の居るとこ」=それは当然レストランなのだった。

OUZO

これは、昔Mxiでも書いたことなのだが、しばらく前にセバプチチのことを書いて思い出してしまったのだった。「美味しかった」と言うことを・・・・・・

ドイツにはどんな街にも必ずと言って良いほどギリシャレストランがある。かつて労働力として、国外からの移民を積極的に受け容れていた時代があったと聞いたが、確かにドイツにいた頃、イタリア人、旧ユーゴスラビア人、ギリシャ人、トルコ人など、ドイツ人以外の知り合いも大勢出来た。微妙な国民性の違いのようなものも感じさせてもらって、ドイツにいながらヨーロッパ各地を旅しているような気分になったりもした。

さて、ドイツでギリシャ人と言ったら、ほとんどの人がレストラン関係なのではないかと思うほど(?)わたしは至る所でギリシャレストランを見かけた。

ギリシャレストランのリピーターになったのは何が理由かというと、ウーゾ(OUZO)であった。

初めて店に入ったとき、Gyrosという料理を頼んだのだが、何も言わずに出てきたアペリティフ(?)。グラスがキンキンに冷えている。中には透明な液体が入っている。そこで、2歳児のように(謎爆)きいてみた。

「これなに?」

Ouzo!ん~・・・・・シナップスみたいなものだよ!」

飲んでみると、美味い♪

Grieche_ouzoアルコールは35度ほど。シナップスのようなものだと言うから、一気飲みした。予想通り、喉が焼けたがシナップスとは違う焼け方だ。香が好きだ。アニスから作るという。ハッカクのような香りと言えばわかるだろうか?そして、後で調べたところによると、1リッタあたり50グラムの砂糖が入っているらしい。

理由はわからないのだが、水などで割ると白濁する。これで、カクテルのような飲み方をする人もいるようだ。わたしも、フレッシュジュースで割ってみたりしたが、ストレートがいちばんという結論に達した。

あまりに美味しいので日本に持って帰って、知人に振る舞ったら、皆「うぇ~」と言った。友達甲斐のない奴らだ。豚に真珠とはこのことなり。勿体ないから、後は全部自分で飲んだ。

日本では見つけにくいが、例えばつくば近郊では「やまや」の店頭には並んでいGrieche_ouzo2る。そろそろまた買ってこようかな?

Grieche_ouzo3

|

« 【Frau Charlotte Lehmann】 | トップページ | 【Zum Griechen gehen! - Gyros】 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

ああ、ウーゾ!
僕も滞独中はよく「ギリシャ人のところ」へ行きましたし、ウーゾ(ストレート)も好きですよ。あれは無料のアペリティフとして出てくるわけですが、周囲のドイツ人たちは飲まない人が多かったようですね。

アニスの酒は地中海文化の構成要素みたいで、フランスのペルノとかイタリアのサンブーカとかトルコのラキヤなんかも同系ではないかな。微妙に味わいが違いますが、日本でウーゾが手に入りにくいときはペルノで代用?したりします。

投稿: takuya | 2006年10月12日 (木) 06時24分

おはようございます。ドイツ人の親友(と思えるほど気のあう友人)の彼氏が一時、ギリシア人でした。「その彼、どんな人?」と聞くと、「ギリシア彫刻に出てくるような男性じゃなくて、ギリシャ劇の「村人その1」っぽい人」と言われて「??」と思いつつ会ってみたら、ホントに素朴でトルコ人とイタリア人を足して2で割ったようなオモロイにーちゃんでした。その彼がウーゾを教えてくれたんです。それがですねー 飲んだとたんに私ったら火を噴いちゃって、味はよく覚えていないんです。ギリシア料理は美味しいですよね。ヤギのチーズとか、ギロス(ジロス?)とか。

投稿: ありちゅん@ウーゾ熱い | 2006年10月12日 (木) 07時14分

takuyaさん♪

お好きなようですね。そうじゃないかと思ってましたが(^^)

これが無料で出てくるというのがすごいサービスだと思います。無料でなければ、ギリシャレストランに行っても、すぐにはウーゾの味を覚えなかったと思います。まあ、何度か行けば必ず嗅ぎ出すとは思いますけどね(笑)。

わたしの周囲の人たちは皆OUZOが好きでよく飲んでましたね。食後にも追加で頼んだりしてました。ただ、ワインを飲みたい人は控えていたようですね。「混ぜるな危険」と言うことで・・・

ベルノも一度試してみましょうか?

投稿: 樅の木 | 2006年10月12日 (木) 08時54分

ありちゅんさん♪

おはようございます♪
そうですか、飲んだ途端に「がおーっ!」と火を噴きましたか。
ギリシャの皆さん、きっと「Ouzo」は美味しい!と、密かに誇っているのではないでしょうか?だから飲めない人にも勧めてしまうんでしょう。

でも、ありちゅんさんが飲めないと言うのは意外というか、・・・・・もしかして、実はお酒で大失敗して「死ぬまで飲まない」と心に誓った経緯があるとか?(笑)

このZum Griechen gehen もシリーズものになる予定♪次はGyrosにしようかな?ドイツでは「ギュロス」って言ってましたね。本国では、どうやら「ギロ」と言うらしい?

投稿: 樅の木 | 2006年10月12日 (木) 09時00分

ドイツでは「スペイン人」のところにもよく行きましたが、これは数が少ない。でも魚の塩焼きとかクレーム・カタランとかはわれわれにも馴染みやすくて嬉しい。あと「韓国人のところ」にも行ったな。これは当たり外れが大きい。
ウーゾよりもペルノのほうが薬草くさいかな。

ドイツ人たちの一部には、蒸留酒を飲むのはアル中という先入観があるように思います。それで、ウーゾも飲まない。樅の木さんのお知り合いは違ったみたいですが。

投稿: takuya | 2006年10月12日 (木) 23時52分

takuyaさん

スペイン人のところ…闘牛場だったりして?

その先入観、わたしの周囲ではきいたことがありません。事実アル中って人はひとり見かけましたが・・・・・確かにその人は、浴びるほどシナップスを飲んでましたね。

投稿: 樅の木 | 2006年10月13日 (金) 11時45分

樅の木さん、こんばんわ。超亀レスで申し訳ありません。今週末になんとかウゾを手にいれるために動きます!
私は語学学校でギリシャ人夫婦と知り合いになりました。ドイツにあるギリシャ人学校の先生をしているとのことでした。
ご主人は気さくな方でしたが、奥さんはもう一度人生をやり直すならイタリア人と結婚したいと言っていたのが印象的でした。
ドイツ人の友人もよく週末にギリシャ料理店にいくといってましたが、私は結局いかずじまいでした。行っておけばよかったと後悔しています。

投稿: みみ | 2006年10月13日 (金) 19時47分

みみさん♪

お久しぶりです。お忙しそうですね。燃料はきちんと補給されていますか?

ギリシャレストラン、一度も行かれてないのですか?美味しいのに・・・・・(笑)。日本にはなかなかギリシャ料理だけで持っている店はないようですね。川越に一軒あったのも今年の初めだったかに閉店したそうです。残念。地中海料理でならいくらか見つかるかな?

投稿: 樅の木 | 2006年10月13日 (金) 23時44分

ほ~♪
樅の木さんもウーゾお飲みになるのですか・・・あの、アニス臭のする、水をまぜれば白濁する液体はウーゾというギリシャのお酒だったのですね~。
ず~~~~~っと前のことですが、それはアルコール度数が強いので、一緒に飲むお友達とグラスに入れた液体に火をつけて青い炎を見て楽しんでいたような・・・当時行きつけのバーではアブサンといっていたような気も・・・記憶が曖昧ですが。

美味しいような薬くさいような・・・
でも私は好きですが♪(^-^)

ギリシャ料理って、オリーブの実!位しか思いつきませんが、ウーゾとあう味ってどんなものでしょう???

ひさしくアニス酒?いただいてませんが、また飲んでみると違う発見があるかも・・・ですね。また、機会があれば試してみよう♪

投稿: MUSE | 2006年10月14日 (土) 05時28分

MUSEさん♪

アブサンと言えば日本酒でしょ?打席に入る前にどばーっと酒しぶきを‥‥あれはひらがなの「あぶさん」か。いやその「あぶさん」の命名にも、その強い酒が絡んでるとか聞きましたが。

アブサンは確か70度とか80度とか言う、もともと薬だったという、おとろしい酒のことですね。ウーゾはちょっと違いますが、アニスを使っていると言うことでは同じです。基本テイストは可成り似ているのでしょうね。

キュートのあたりなら、「やまや」に行けば並んでいるはずですよ。写真のような小さめのグラスを、キンキンに冷やしてストレートで飲むのが美味しいです♪

投稿: 樅の木 | 2006年10月14日 (土) 09時17分

樅の木さん、

あのお酒の名前!おもいだしました♪
たしかサンブーカだった!!!
サンだけやんか!おんなじ字!(爆)
似たような味、というので記憶が混濁していたのでしょうね!でもサンブーカもアルコール度数40度くらいでかなりきつかったです。

ウーゾも今度みかけたら買ってみます♪

投稿: MUSE | 2006年10月14日 (土) 12時35分

MUSEさん♪

サンブーカって言うんですか?アブサンじゃなくて?なんか、ブースカさんみたいな(爆)(^_-)

>サンだけやんか!おんなじ字!(爆)

これはもう、「DON'T STOP DANCING がなんで農協牛乳になるんや~」の世界ですかね?(笑)

投稿: 樅の木 | 2006年10月14日 (土) 15時27分

アブサンもアニス系の代表格といえるお酒ですが、向精神物質が含まれており麻薬的習慣性が強いとの理由から、現在は製造・販売が禁止されているため、試すのは無理のようです。
しかし、いちどは飲んでみたいですね。

投稿: なすび | 2006年10月14日 (土) 20時39分

なすびさん♪

それが、10ppm以下なら良くなったらしいですよ(2005年3月より)。どうにかすれば、飲めそう♪

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%82%B5%E3%83%B3

投稿: 樅の木 | 2006年10月14日 (土) 21時24分

Momy様

おっ 新着のテンプレートですね。ウーゾのお話とピッタリ。

投稿: ありちゅん | 2006年10月20日 (金) 21時18分

ありちゅんさん♪

見本通りに出ないんですよ~。
本当は、タイトルと本文の間に、ボトルの絵が沢山並んでいるのに、出てこない。

気分悪い~、そのうちまた変えてやる。

投稿: 樅の木 | 2006年10月20日 (金) 22時25分

★Tannenbaumさま

あれ?ちゃんと見本と同じようになってるけど・・・? 素敵ですよ~ 変えないで♪

投稿: ありちゅん@あれ? | 2006年10月20日 (金) 22時32分

樅の木さん

ブラウザ(IEかな)のキャッシュをクリアしてご覧になったらどうでしょうか。

今日、近くの酒屋でアブサントを見かけました。55度。値札の脇に、欧州の新基準にしたがってリバイバルしたという解説が書かれていました。手を出しかけて、やっぱりやめ。

サンブーカ、最初のコメントで触れているけれどだれも気づいていない…。;-)

投稿: takuya | 2006年10月20日 (金) 23時16分

ありちゅんさん♪

ぼくのPCでは見本と違う~。
これはNiftyのバグ?それとも、ありちゅんさんだけに見える?

投稿: 樅の木@うそーん | 2006年10月20日 (金) 23時17分

takuyaさん♪

サンブーカ、そう言えば書いてらっしゃいますね。失礼しましたm(_ _)m

ぼくも、この間YaMaYaでアブサン見かけました。80度。見るだけでいいかも(笑)。

で、キャッシュ空にしてみたんですけど、やっぱりダメみたい。他のテンプレートのサンプルを見ていても、時々イラストが表示できないものがあるんですよね~。なんでやろ?

投稿: 樅の木 | 2006年10月20日 (金) 23時28分

僕のほうでもちゃんと見えていますよ。
おてもとのブラウザのキャッシュの問題だと思います。

投稿: takuya | 2006年10月20日 (金) 23時37分

あそうか、キャッシュクリアでもだめなんですか。
もしかしたら画像がPNGフォーマットか何かで、古いIEだと表示されないのかもしれません。FireFox なんかではどうでしょう?

投稿: takuya | 2006年10月20日 (金) 23時40分

takuyaさん♪

いろいろとアドヴァイスありがとうございます。
ああ、でももう面倒くさくなってきた。
皆様には見えるのなら、わたしはそれでよしとします (^^;)

投稿: 樅の木 | 2006年10月21日 (土) 08時05分

お、デザインが変わりましたね~。今後はお酒の話題が増えるということでしょうか。楽しみ。
アブサン、合法的に飲めるようになったのですか。知らなかったです。そうとわかると、無性に飲みたくなってきました。でもやっぱり、紫煙の漂う地下室みたいなところで、こっそり飲んでるっていうのがアブサンには似合いそうですね。

投稿: なすび | 2006年10月21日 (土) 16時59分

樅さま~♪
(今はバーのマスターとおよびしたほうがいいのかしら?)

あいかわらず盛況でらっしゃいますね。
ちゃんと私のところでも、茶色系統でシックにまとめられた落ち着いたバーの雰囲気がただよってきてますよ。ブログ作ったことがないのでしくみを存じ上げないのですが、でも、こうしてみると、テンプレートで印象ががらりとかわりますものね、視覚効果も大事なのかもしれませんね。クリックしてブログにアクセスすると、てふてふ♪が聞こえてくるというような小細工もやろうと思えばできるのでしょうか(やろうとおもうわけない?かしらん?)
もちろん、前のティーカップも、樅家でちょとティーブレイク、とお茶を飲みにいく感じがしてよかったです。
この調子で「ちょっとひとやすみしにいく」系を貫いていかれたらすばらしいのではないかと思われます。
ちなみに、東京ステーションホテルは今は営業していないそうです(唐突突然イミフ?)

投稿: spatz | 2006年10月21日 (土) 17時20分

なすびさん♪

そういうわけで、ぼくも注意して酒屋を見回してみたら、あったのですよアブサン。

これから寒くなると、酒の話題も増えるかな?

投稿: 樅の木 | 2006年10月21日 (土) 23時33分

spatzさん♪

前のテンプレートは、実は「音符」というタイトルだったんですけど、ティーカップの方が印象ありますよね♪

まあ、これからも、ちょっと一杯やりに来て下さいね♪

投稿: 樅の木 | 2006年10月21日 (土) 23時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« 【Frau Charlotte Lehmann】 | トップページ | 【Zum Griechen gehen! - Gyros】 »