« 【ペーパーチキン】 | トップページ | 【Orchesterprobe】 »

2006年11月30日 (木)

【Glühwein】

Glühwein(グリューヴァイン):グリューワイン ・・・・・ 主に中部ヨーロッパで、クリスマス前にクリスマス市や家庭などで好んで飲まれる、香辛料や砂糖を加えて暖めて飲むワイン(やっぱりタイトル表示は独和にしよう・・・)

ヨーロッパでは、クリスマス前になると、クリスマス市などでグリューヴァインが飲まれる。クリスマス市の目玉と言っても良い。クリスマス前の時期に、確固たる地位に迎えられる飲み物だ。寒い寒いヨーロッパの、寒い寒い季節に、寒い寒い屋外で飲む、暖かぁぁぁいグリューヴァインは可成り美味しい。まるで、まる一日絶食した後に食べるおかゆのような味わいがある。かも知れない。

ネット内某所でこのことが話題になり、わたしにレシピを書けと言う外圧が高まって来たので、よっしゃ♪と言うことで結構自主的に書いてみたら、こっちでも書いたら?というお勧めをアリー・チュントワネットさんから頂いたので、少し書き換えて転記する次第。

とは言っても、これもいろんなレシピ・・・ローカルレシピがあると思う。わたしの以前の日記でも、グリューヴァインが少し話題に上り、takuyaさんが手元にあるレシピを書いてくださったが、各所で微妙な、あるいは大きな違いがあることだろうと思う。かつてわたしが自分で作ったときに手がかりにしたものは、すでに現存していないが、ネットで見つけた以下の内容とほぼ同じ:

普通のグリューヴァイン

辛口の赤ワイン 1L

レモン 1

シナモン 2

チョウジ(丁字)3個・・・(クローブとも言うのかな?)

砂糖大さじ3

カルダモン少々(わたしは使わなかった。と言うかカルダモンが何なのか知らなかった。今も知らない)

作り方:

ワインを暖める。沸騰させてはならない。沸騰させないためには、多少時間はかかるが「湯煎」という手がある。

レモンをスライスし、ワインが暖まったら他の材料と一緒に「どばっ」と入れる。おしとやかに入れても良いが、味を出すのが目的であるから、手早く入れるのが大人である。

5分間加熱する(沸騰したらアカン)

火から外す

フタをする

1時間置く

もう一度暖めて、ストレーナーで漉して淹れる

飲む

酔っぱらう

歌う

寝る

余ったら、全部漉して保管するか、意地で飲み切る。

* * * * * * * * * *

このほかにも、白ワインベースで作る方法や、ブランデーなどを混ぜてアルコールを強くするレシピや、オレンジを使うやり方などもある。好みに応じて、いろいろ思い切ったアレンジの出来るものだと思う。新作発表だって出来ると思う。

ドイツでは「グリューヴァインの素」みたいなのを売っているらしい。わたしが自分で作ったときは、生姜の絞り汁とか、ウゾというギリシャの焼酎を入れて、催眠効果を狙ってみたが‥‥‥ orz これはちょっとまずかったかも知れない f(^^;)

スイス風グリューヴァイン

材料:

軽い赤ワイン1 L

1/2 - 1 L

好みにより以下を加える:

砂糖

シナモンスティック

チョウジ2

レモンの輪切り

作り方:

すべて一緒にして加熱する。沸騰させてはならない。

好みにより、砂糖、香辛料を加える(味を調える)

☆これは、ライトなものになりそう。スイスでは葡萄は採れないのではないかな?だったらワインは輸入物だから、そこにスイス自慢の「お水」を入れたのだろうか?寒い土地柄だから、アルコールを薄くして、沢山飲んで暖まれるように工夫したのかも知れない。

* * * * * * * * * *

白グリューヴァイン

材料:

ミュラー・トゥルガウの白ワイン 2 L

オレンジジュース 1/4 L

砂糖大さじ7

グリューヴァインの素 大さじ6

シナモンスティック1

チョウジ少々(1 Messerspitze とあるので、おそらく粉末)

作り方:

ワインを加熱し、材料を次々に入れていく

好みにより、砂糖や香辛料を加える(味を調える)

☆ワインをミュラー トゥルガウに指定しているのは何故かな?と思うが。香辛料を加えるという行為にいちばん適していると言うことなのだろう。そもそも、「モノを加えて手も加える」グリューヴァインという飲み物には、白よりも赤が適しているのだろう。

「グリューヴァインの素」、というのが謎。シナモンとチョウジはすでに入っているので、レモン、生姜系だろうか?わたしもこれは飲んだことがないので、何とも言えない。作るのなら少量ずつ試して見ながら作るしかない。

* * * * * * * * * *

そもそも、白ワインなら良いものがいっぱいあるけれど、赤ワインと来たらてんで面白くないのがドイツワインってものである。「なんでドイツの赤ワインはこんなにさらさらなのか?もっと、どっしりしたのはないのか?何故つくれないっ!」と、わたしはドイツの赤ワインについては一度も満足したことがなかった。そのドイツのクリスマス市に出てくるグリューヴァインですら、わたしは赤いのにしかお目にかかったことがない。それほど、グリューヴァインには赤が適している、および/もしくは、白ワインがグリューヴァインに適していないのであろう。白のグリューヴァインは、どっちかというと色物なのだろうか?白いんだけど。 赤いグリューヴァインを何度か作って、作り方に慣れたところで試してみるヴァリエーションという感じがする。

あと、作り方はもう、材料を入れて加熱するが沸騰させない。それから、熱源から離してしばらく置くというあたりだけ気を付けていれば良いということで、問題は「さじ加減だけ」!

↓今回参照したレシピの載っているサイト

http://www.weihnachtsideen24.de/getraenkeideen/gluehwein_rezepte.html

ドイツ語ですが・・・(^^;)

今年は、我が家でも、グリューヴァインをつくってみようかな?

|

« 【ペーパーチキン】 | トップページ | 【Orchesterprobe】 »

ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

ゲルハルト様

パンがないからお菓子を食べた『ちゅんとゎねっと』でございます。ティーバックみたいに不織布の袋に入ったグリューヴァインの素ってありますよね。あれを一度ご馳走になったことがあるのですが、私はお屠蘇を思い出しました。似てませんか?

ところで丁子をチョウジと表記なさっているのは「T子」と読み違えたトラウマからかな(^m^)

投稿: ありぃ・ちゅんとゎねっと | 2006年11月30日 (木) 22時06分

ありぃ姫♪

そうそう、Mix●でコメントくれた人も「お屠蘇」って書いておられまして、「あ、そう言えば日本にもお屠蘇っちゅうもんがあったなぁ」と思った次第です。

丁子・・・・・もうちょっと別のフォントならいいと思いますけどね、ゴシック体だとどう見てもT子ですね。クローブと書けばいいのでしょうが(笑)。

それから、今Wikiを覗いてみたら、ドイツでは赤、来たイタリアでは白、「オーストリー」では両方が飲まれるそうですね。

投稿: 樅の木 | 2006年11月30日 (木) 22時35分

スロヴェニアはたぶんオーストリアと一緒です。僕が飲んだのは白でした。よろしければこちらもどうぞ。
スロヴェニア式ホットワイン kuhano vino
http://www.tkyabe.com/blog/archives/2005/11/_kuhano_vino.html

投稿: takuya | 2006年11月30日 (木) 22時54分

樅さま

昨日、シュパちんから寄せられた情報です。

http://www.austria.or.jp/index-j.html

すったもんだの末、元の「オーストリア」でいくことになったみたいですよ。言い訳めいた内容が笑えます。ありゃ、何だったんでしょうね。

投稿: ありぃ・ちゅんとゎねっと | 2006年11月30日 (木) 23時29分

takuyaさん♪

日記、拝見しました。スロベニアでも白があるのですね。う~む、クリスマスはドイツのしか体験しなかったので、赤しか飲んだことないですねぇ。
ドイツの赤ワイン、なんだか白ワインに絵の具を垂らしたようなのしかありませんでした。ドイツにまともな赤がないと言うのは、葡萄が理由なんでしょうか?赤に適した葡萄が採れないとか?

投稿: 樅の木 | 2006年12月 1日 (金) 09時21分

ありぃ・ちゅんとゎねっと姫♪

あ、その情報、ウチにも来ました。文面読んでみると、正式名称はオーストリアで変わらないけど、非公式には「オーストリー」と呼んでカンガルー共和国と区別して欲しい、見たいな風に取れますけど、余計話がわかりにくくなっていますね。なんか、腰くだけ。

「せやから間違われるねん!」

ウィーン共和国にしなはれ(爆)。

投稿: 樅の木 | 2006年12月 1日 (金) 09時25分

尼崎の樅の木さ~ん、こんにちは! 遊びに来ました。
私、京橋です。いろんな意味で「やばい」ところです。

グリューワインの季節ですね~。なんだか暖かいので、もうすぐクリスマスっていう実感がわかないですが・・。 グリューワインで思い出して、きのう、父が送ってくれた「甘酒」をなんだか飲んでみたくなって出してきたら、「砂糖&添加物不使用」と書いてあるのでびっくりしました。あんなに甘いのに米こうじだけなんて。。グリューワインって結構砂糖が入るじゃないですか、だから余計にびっくりしました。
お酒が飲めない人がKindergrühweinで何とかクリスマス気分を味わっているのをみると、同情します。酒が飲めてよかった。

投稿: mikya | 2006年12月 1日 (金) 17時07分

京橋のmikyaさん♪

いらっしゃいませ!
いえいえ、尼崎もいろんな意味で「やばい」ところですから(笑)。

mikyaさんは今ドイツ在住ですか?たしかそんなこと某所で書いておられたような?
日本から送られてきた甘酒。無添加なんですね。そう言うことなら、早く飲んでしまわないと!グリューワインの砂糖の量は半端じゃないですね。ぼくのネット知人のひとり(ドイツ人)は、甘みが足りないと思ったら蜂蜜を使うと言って(書いて)いました。なかなか良いアイデアかも?

お酒が飲めて良かった、と言うのはありますね。あれはアルコール分解酵素がどーのこーのと言う、本人ではどうしようもない事情もあるらしいですが、女性でもビールの2杯3杯ぐらいは飲めないと、困ることも多いですしね。そう言えば、カラマルツって飲み物がありましたねぇ・・・

投稿: 樅の木 | 2006年12月 1日 (金) 18時34分

アドヴェント近くから、冬はなんといってもグリューワインですね。外の屋台でも家でも、バンバン飲んでました。現代っ子ドイツ人大学生が作ってくれたときのグリューワインの元は、液体でした。かんきつ類とはちみつをドバドバ入れていたので、横で見ていてびっくりでしたが、飲むとおいしかったです。たしかに、沸騰させてはいけないのだ、と言ってました。

投稿: あむ | 2006年12月 1日 (金) 23時48分

あむさん♪

こんばんわ。
あむさんは結構いける口なのですね♪まあ、あれを飲んで酔っぱらう人は少ないかも知れませんが(^^)
液体のグリューヴァインの素もあるんですね。売っていたのではなくて、手製の「素」なんでしょうか?

沸騰したらどんな味になるのか、ひとくちだけ試してみたい気もします・・・・・

投稿: 樅の木 | 2006年12月 2日 (土) 01時06分

はい、ベルリンに住んでいます。ドイツでも結構小さい町に住んできたので、最初ベルリンに来たときはオタオタしました。もうすっかりベルリーナです。 ウソです。いまだに「チューシ~」とは言えません。こっぱずかしくて。
そっか、甘酒、無添加だと早く飲んでしまわないといけないのですね。じゃ、飲みますか。そういえば、父も「はよ飲まな、お酢になってしまうで」と言ってました。。
グリューワインはなぜ沸かしてはいけないのでしょう。。ばあちゃんが、「味噌汁は絶対沸騰させたらあかんっ。」っと言っていましたが、そんなようなもんでしょうかねぇ?

投稿: mikya | 2006年12月 2日 (土) 01時51分

mikyaさん♪

Also,Sie sind 「ein」 Berliner!
あ、女性だからBerlinerin か(笑)。

「チューシ~」って、あの「Tschüß」に「i」がついてるんですか?ぼくは、バーデン・ヴュルテムベルクでしたが、「Tschüßle!」ってやってましたよ。

沸騰させたみそ汁、何度も作りましたが・・・・・まあ、そう言われていると言うことは、沸騰させてしまった人が何人もいて、飲んでみたらやっぱり不味かったんでしょうね。

投稿: 樅の木 | 2006年12月 2日 (土) 09時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« 【ペーパーチキン】 | トップページ | 【Orchesterprobe】 »