« 【Irischer Kaffee】 | トップページ | 【住所】 »

2006年11月10日 (金)

【オーストリー】

オーストリー:Oesterreich (エスターライヒ) (国名) ・・・・・ ウィーンを首都に持つヨーロッパ東部の国。その昔は「オーストリア・ハンガリー帝国」として東ヨーロッパに君臨していた。老後を外国で過ごすなら、わたしは「ウィーン」!

日記のタイトルを、これからしばらくは和独で表記しようと思う。まあ、気分次第で元に戻すかも知れないが・・・・・

さて、某SNSで知ったことなのだが、早速裏を取ってみた。

http://www.austriantrade.org/japan/our-office-in-tokyo/ja/

日本における、Oesterreichの正式呼称を「オーストリア」から「オーストリー」に変更するということだ。理由は、オーストラリアと間違われるからだということ。「オーストリー」でも、間違いやすいと思うのだが、少しはマシになるのだろうか?No Kangaroo in Vienna のTシャツが売れなくなるという声が一部にあるようだが、今後の展開に注目したい(かな?)。

間違われると言うのは、実際面でも不都合が多いし、気分的にも良いものではない。
わたしは、ドイツにいた頃は小さな街に住んでいて、そう言う街では必ずと言って良いほど中国人に間違われた。まず、似ていると言うのがあるが、それと中国人はドイツ全土に存在すると言うこともあるだろう。中華料理は世界中どこに行っても人気があるようで、中華料理店はドイツの隅々にまで出店していると思われる。互助会的な組織もあるらしい。デュッセルドルフの中華料理店と、バーデンの小さな街の中華料理店の使っていた「おしながき」がまったく同じモノだったので、そう思っただけなのだが・・・・・

それに引き替え、日本人はどうやら大きな街にしか居ないらしい。もう少し正確に言えば、小さな街にももちろん居るけれど、偏りが大きいというべきか?そのせいか、フランクフルトやベルリンでは、「あなたは日本人ですか?」と聞かれることの方が多かった。

ヨーロッパ人から見れば、日本人、韓国人、中国人の見分けなど付かないだろう。わたしの知り合いの地黒の女の子などベトナム人と間違われていた。旧東独での話で、まあ、これはこれで納得させられる部分もある。われわれだって、ドイツ人、フランス人、イギリス人の見分けなどつかないのだからこれはもう仕方ないのだ、と思ってはみるけれどやはり間違われるって言うのは嬉しくない。

実際的な面の不都合は、Austria/Europeと書くなどすれば大丈夫だと思うし(今までそうやって来たんだし)、大差ない名称に切り替えると言うのは、やはり「気分が良くなかった」のではないだろうか?と思うのだがいかがなものだろう?どうせだったら、「エスターライヒ」にすれば良いのにと、ドイツ語族のわたしなどは思うのだが・・・・・

|

« 【Irischer Kaffee】 | トップページ | 【住所】 »

ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

樅の木さま

私は地黒ではないはずなのですが、DDRではやっぱり「ベトナム人かね?」と聞かれました。

ヨーロッパなどで見かけるカナダ人のバックパッカーって、必ずと言っていいほど、楓のマークを荷物につけてませんか?「アメリカ人と間違えられないため」だと聞いたことがあります。真偽のほどは分かりませんが。勤めていた頃、同僚にカナダ人の男性がいたのですが、彼も自分のことを「メープルリーフ・ボーイ」と呼んでくれ。とか言っていました。やっぱりみんな愛国心はあるし、間違えられるとムッとするのかもですね。

投稿: ありちゅん | 2006年11月11日 (土) 16時48分

ありちゅんさん♪

ありちゅんさんもベトナム人に間違われましたか?やはり、DDR地域だと、アジア顔ならまずベトナム人と思うのでしょうかね?どちらかというと、国籍と言うよりは「アジア」でひとくくりにされているのかも知れないですが。

そう言えば、ドイツの知人がどこかで拾ったユーモアファックスを転送してくれたんですが、それには、円錐型の麦藁(?)帽子をかぶった、出っ歯の男が描かれていて、そのバックに「Albeite flölich, ohne mullen und knullen, und immel dalan denken, Albeit macht fleude」と書いてありました。「r」が発音できないアジア人・・・絵があまりに可笑しかったので一緒になって笑ってしまいましたが、なんか複雑な気分でした。

投稿: 樅の木 | 2006年11月11日 (土) 17時56分

こんにちわ〜!
ベルリンでは、
道でからんでくるような人に、
まずは私はベトナム人に間違われ
違うというと、中国人?
違うというと、韓国人?
といわれます。
日本人だよというと、
急におお〜〜ニッポン、ソニー、マツダ、すごいな〜
という扱いになるのが、不思議です・・・・。
ベトナム人の友達はいないんですが、
ベトナムレストランの人たちは、いつもとっても親切です。
やっぱり、顔が似ていると、何か通じるものがあると思うのかなあ?
韓国人の友達も、『私たちには通じるものがあるわよね!』
という感覚があるなあと思います。
確かに、宗教のこととか、ちょっとした季節の折々にあるイベントとか、わかるものがあるんですけれど。

投稿: kio | 2006年11月11日 (土) 18時40分

Kioさん♪

こんばんわ!
ベルリンは伝統的にベトナム人が多いんでしょうね。マツダのクルマはヨーロッパで結構売れていると聞きました。社名からしてMazdaですもんね♪
わたしの住んでいた地域にも1軒韓国料理店がありました。夫婦で行くと、親しげに対応してくれました。玄界灘を挟んで相対すると妙なことになることもあるけれど、ヨーロッパで遭うとまた違ったものが出来ますよね。似たような顔してドイツ語で話すのが可笑しいですが。

投稿: 樅の木 | 2006年11月11日 (土) 21時12分

この件、こんなとこ
http://slashdot.jp/article.pl?sid=06/11/14/217239
でも話題にされていました。ドイツ語屋さんではない人たちが色々言っているのも面白い。

投稿: takuya | 2006年11月15日 (水) 16時30分

おお、なるほど。
なんか、好きなこと言ってますが、だんだん広まってきたんでしょうかね?

投稿: 樅の木 | 2006年11月15日 (水) 23時07分

PDFの内容も昨日読みました。とても面白かったです。
wir wollen unverwechselbar sein
でしたっけ・・・
名称を、オーストラリアに譲った感もないですか?(つまり、俺かお前か、どっちが変更するか、俺たちがしよう、と)
やっぱりオーストラリア、のほうが圧倒的に大きいし(笑)日本には身近なんでしょうねえ・・・

そう、私も墺の友達に住所を教えてもらうときに、Austria/Europeと書いてくれる人が何人もいたように思います。みな間違えられてるんですね、手紙が南半球経由できたり…するんでしょうねえ。

投稿: spatz | 2006年11月16日 (木) 07時00分

spatzさん♪

>手紙が南半球経由できたり…するんでしょうねえ。

もし、そう言うことがあるとしたら、それは日本の郵便局員が間違えていると言うことですね。そう言うことがあるのかどうか、オーストラリア/カンガルーの郵便局員さんに訊いてみたいな。

投稿: 樅の木 | 2006年11月16日 (木) 09時11分

こんばんわ。
早、馴れ馴れしくおじゃまします~

オーストリアのままでも良いと思いますけどねぇ。
どうせ変えるなら、私も「エスターライヒ」のほうが
いいな。ドイツ語で初めてこの発音を聞いたとき、
なぜか感動したんですよ。「フランクライヒ」も。

投稿: あむ | 2006年11月18日 (土) 22時00分

あむさん♪

オーストリーになっても、間違う人は間違うと思いますよ。どうせ変えるんなら劇的に変えた方が、浸透するでしょうね。

>ドイツ語で初めてこの発音を聞いたとき、
なぜか感動したんですよ。「フランクライヒ」も。

あと、フランツォーゼ=フランス人ってのも、へぇ~って感じでした。

投稿: 樅の木 | 2006年11月19日 (日) 10時54分

この記事へのコメントは終了しました。

« 【Irischer Kaffee】 | トップページ | 【住所】 »