« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

【Silvester】

Silvester (シルヴェスター)(男、中):大晦日 ・・・・・ 男性の名前としても、辞書には載っています。わたし個人的にはSilvesterさんとはお会いしたことはありませんでしたが。Silvesterさんが牧師さんだったりしたら縁起が良いかも?

大晦日。子供の頃は家族と一緒に紅白を見て、逝く年来る年を見て、という定番パターンで過ごしていた。長じて来ると、定番は面白くなくなって好きなことして過ごしていた。ドイツに行くと、そこら中で花火を鳴らしてなかなか賑やか。これは、魔よけだそうである。それにしても、大晦日は年ごとにその過ごし方が派手になっていくような気がする。

学生時代に歌った歌で、「年の別れ」という歌がある。
男声合唱の曲だ。はい。大御所、というか定番の多田武彦さんの組曲「人間の歌」の終曲だ。作詞は堀口大学。歌詞がネットのどこからも発見できないのが残念だが、しんみりとした良い曲だ。大学1年の時の定期演奏会で歌った。なかなか思い出深い曲なのだ。年末になると、時々口をついて出てくることがある:

ゆくとしは おんなであるか

さかりゆく かげがわびしい

うなだれて みかへりがちに

さかりゆく うしろすがたが

すてられた おんなのやうに

さかりゆく かげがわびしい

おんななら なげきもしよう

ゆくとしは ねにさへたてぬ

ののすえの ながれのように

としが ゆくかぜにひかって

おしのこの うらみさながら

めになみだ いっぱいためて

こんな歌詞だったと思う。今、記憶を頼りに書き出してみたが、いわゆる「差別用語」があり、「女性を蔑視した内容」とも取れる。そのためか、この曲は、収録されていた組曲「人間の歌」から外され、その位置は「宮城野ぶみ」という曲に差し替えられたという。わからないでもないが、少々複雑な思いもする。

それはそれとして(^^) 

年が逝く、別れを告げる、と言うのは、日本人の古来からの考えである「年神の交代」を、詩的に表現したのだなと思う。今日も、TVで細木数子さんが似たようなことを言っていた。新しく来る年ではなく、去って行く年にピントを合わせると、こういう情感も湧き起こってくるのだろうか。ワンコ年も終わりである(^^)
去る年には感謝をし、来る年は明るく迎えたい。

**********

今年3月にMixiからこちらにシフトチェンジして、「こころにうつりゆくおちゃらけごとを」綴り倒して参りましたが、このような、「あやしうこそものぐるほしき」ブログにたびたびお運び頂きました皆さん、誠にありがとうございました。来る年が皆さんにとって、輝かしき飛躍の年になりますようお祈り申し上げます (o^-‘)b

| | コメント (2)

2006年12月29日 (金)

【Altes Lied】

Altes Lied (アルテス リート)():古い歌 ・・・・・ とは言っても、日頃わたしが歌っている歌よりもずっと新しい。

今日、外出中ひょんなことから「しばたはつみ」と言う名前を思い出した。この名前を知らない方も多いと思うが、これはなかなか上手な歌い手さんである。紅白歌合戦などにも出ていたのを覚えている。わたしはこの人の歌が結構好きだった。レコードやカセットテープを買い込んで聴いたと言うわけではない(これは、CDがまだ珍しかった時代のことである)。カセットテープを1本だけ持っていて、それを何度も繰り返して聴いていた。「アメジスト・サンレイ」と言う曲が好きだった。

帰宅してからAmaonで検索してみると、CDがある。今となってはアンソロジーのようなものしかないけれど、それが丁度良いかも。耳に覚えのある題名も沢山並んでいる。で、注文した。ここしばらくでは、クラシック以外の買い物は久しぶりだ。

実は、わたしが以前すり切れるほど聴いていた、しばたはつみさんのカセットテープだが、これはほとんどただ同然で手に入れたものだった。新卒で入った会社を、健康を損なって退職した後、しかしまだドイツに渡っていなかった頃、という中途半端な時代のこと。まだまだ、終身雇用制が当たり前な世の中、同期入社の馬の合う奴と「定年まで頑張ろう」とかいって励まし合っていたのだが・・・身体が持たなくては話にならず、退職した。ちょい挫折の日々。今のふてぶてしさが嘘のような日々。わたしは、取りあえずバイトでもしなければ、と、とあるレコード類の流通会社に入って、返品処理の仕事をしていた。そんな時代もあったのである。わたしの手に入れたカセットテープは、その返品のなかのひとつ。欲しいものがあれば、正規のルートを通してワンコインぐらいで買えた。

さて、わたしがいちばん好きだったのが「アメジスト・サンレイ」という曲だった。空がアメジスト色に変わる夜明け。太陽はまだ顔を出していない。漆黒の闇が、次第に明るくなってくる頃である。宵っ張りのワカゾーだったわたしにとって、その景色は非日常そのものだった。

今ではこの夜明けのアメジスト色は、徹夜明けの色である。あまり良いことではないけれど、お馴染みの色になってしまった。

| | コメント (6)

2006年12月23日 (土)

【Weihnachtslieder】

Weihnachtslieder (ヴァイナハツリーダー)():クリスマスの歌 ・・・・・ 現代日本において、お正月を言祝ぐ歌よりも、クリスマスの歌の方が沢山あるのではないでしょうか?合唱などやっていると、クリスマスは歌の季節・・・・かな?

大学に入って合唱を始めると、それまで知らなかったクリスマスの歌を歌う機会が増えた。団としてクリスマスコンサートをやったというのではなく、クリスマスの裏方さんでホテルに歌のバイトに行っていたのだ。それは、大阪の中之島にある某老舗ホテルである。毎年、わが団の渉外マネージャーが頑張って、ここでのバイトの話をまとめてきてくれた。これがおそらく渉外マネージャーのもっとも大きな仕事、正確に言えば皆から感謝される仕事だった。理由は、歌い終わった後で出される「お弁当」が目当てだったのだ。いや、当時の大阪で最高級のホテルの「クリスマス弁当」は、貧乏な学生にはご馳走であった。これが食べたくて、毎年クリスマスソングの練習をしていたのであった。情けないような、懐かしいような想い出である。信心よりも食い気…やはりわたしは罰当たりな奴なのだなぁ・・・・・

グリークラブのオフホワイトのブレザーを着て、アルミホイルでつくった燭台にロウソクを差して、ホテル館内を数カ所巡回する。せいぜい20人ぐらいだった。あまり大勢いると却って邪魔なのである。これがまた、帰省する団員を除き、経験不足の1年坊主などを除き、その気のないのを除いたら、それくらいの数になったのだから世の中は上手くできている。

当時歌っていた曲は、「もろびとこぞりて」、「ホワイトクリスマス」、「ジングルベル」、「神の御子は今宵しも(Adeste fideles)」、「牧人ひつじを」、「グローリア(有名なアレ)」、「Sanctus(その年練習したミサ曲から)」他。このうち、最初の3曲はわたしが編曲したものを使った。つまり、メンバーの事情にあわせて、無理な音域を使わないように書いたのだった。自分の書いた音符が音になるのは嬉しい。そう言えば、「樅の木」は歌わなかったなぁ(笑)。

大学3年の時、ホテル側から「毎年同じ曲ではつまらないし、どこでもやっているクリスマスソングだとありきたりなので、あまりクリスマスに関係なくても良いから、新曲を用意してきて欲しい」と言われ、わたしが選曲係(&編曲)を承った。で、困ったのであった。黒人霊歌あたりで何かないかとか、いろいろ試行錯誤があったのだが、結局カトリック聖歌からマリア様を讃えたものを選んだ。「いざほめ歌わん」という曲だった。わざわざ、カトリック聖歌集のレコードを買ってきた。歌っていたのは、上智大学の聖歌隊と、聖心女子大学のグリークラブだった。マリア様ときたら、どうも5月らしいのだが、別の季節に歌っても良いだろうし、クリスマスでマリア様というのも、まんざら関係なくはないと思ったのだった。クリスチャンの方からはヒンシュクを買ったかも知れないが・・・・・orz

そんなことを少し思い出して、検索してみたらあった。MIDIが聴ける。わたしの編曲とはちょい違う(当然)。

http://www.minc.ne.jp/~hosanna/menu5.htm

| | コメント (22)

2006年12月15日 (金)

【Stollen auch bei uns!】

Stollen auch bei uns! (シュトレン アオホ バイ ウンス):我が家でもシュトレン! ・・・・・ 「ついに買ってしまいました」のレポート。

最近、ネット上でドイツのシュトレンが話題なることが多い。とくに、わたしに近い場所で、シュトレン狂いっぽい方達がいらっさる。あれは確かに美味しいものだった。ドイツにいれば、美味しいのが安く買えた。ペニーマルクトやHLマルクト、あるいはアルディなどのスーパーでも売っていた。でも、地元のBeckerei(ベッカライ:パン屋さん)やKondditorei(コンディトライ:お菓子屋さん)などで買ったものの方が美味しかった。日本に帰ってくると、美味しいものも売っているけれど、た、高い。ドイツでの値段を知っているので、なんかアホらしくなって、しばらく買うこともなく過ごしていた。蛇足だが、リープフラオミルヒなんかも、日本では買う気がしない。

Stollen 昨日、表に出る用事があり(在宅フリーランスには外出だけでもイベントだ)、江戸に上った。Ginzaに寄って音楽的買い物&Kaffee、それから松坂屋の地下でシュトレンを買った。何年ぶりかで♪ わが妻は、これが好きなのである。実は、昨日はわれわれの結婚記念日だったのだ(何周年かは、ま、ン周年てことで)。(蛇足だが、昨日は赤穂浪士の討ち入りの日でもあり、わたしの曾祖母の命日でもあった)。どこかでディナーとか言う話もしたのだが、自宅(酒が飲める=乾杯できる)でチーズ・フォンデュをやることになったので、白ワインを仕入れに寄ったのが、本来の目的だったのだが、酒売り場を探して迷っているうちに、何かが降りてきた(?)のか、知らん間にユッフハイム(敢えてこう書く)の前に立っていた。小さい方(1500円・・・げげっ)を買って帰った。

自宅なので、今日調達した白ワインを飲みながら、パンの他、小さく切ったソーセージやジャガイモなどで、チーズ・フォンデュを食べ、その後夜なので薄目のコーヒーを淹れてシュトレンを早速試してみた。もう、結構良い味になって居る。懐かしい味がした。

| | コメント (6)

2006年12月14日 (木)

【Aufnahme】

Aufnahme (アウフナーメ)():録音、録音されたもの ・・・・・ もちろん、「受け容れ」、「採用」など、他の意味もあります。

先日のわたしが所属する合唱団の定期演奏会の録音が、早速CDになった。早い。昨年もそうだったが、録音データを貰って、テノールの団員の方が自宅でお嬢さん方を動員して編集・コピーをして下さるのだ。昨日は、合唱団の「定演反省会+α」の会議で、それに間に合わせてくれたものだ。熱いうちに聴けるのが嬉しい。

日頃聴いているプロの演奏と比べれば、もちろんあちこちにアラがあるのだけれど、聴いていて気分がよいのでこれは良い演奏会だったんだな、と思う。いちばん心配だった et iterum venturus est のパートソロも、大事故なくこなせたようにきこえる(笑)。他のパートも、あるいは全体の響きも、ときおり「おっ!」と聴き惚れる場所がある♪

これで、Bachの曲を歌うということを可成り本格的に経験したので、これをさらにすすめようと言うことで、来年もBachをやる。先の日記に書いたように「カンタータ106番、Gottes Zeit ist die allerbeste Zeit」と、モテット「恐れるな、我は汝とともにあり、Fürchte dich nicht, ich bin bei dir」などを歌う。来期、続けることが出来るかな?という事情もあったが、もうしばらく頑張ってみたいと思う。

| | コメント (14)

2006年12月11日 (月)

【Chorabend】

Chorabend (コーアアーベント) ():合唱の夕べ ・・・・・ 直訳すると、合唱の夕べとなりますね。合唱団のコンサートのこと。ドイツに住んでいた頃、ビールや乳製品だけでなく、コンサートも安かったのでよく行きましたが、夕方行われるコンサートには「~abend」というエンディングを持ったものが多数ありました。今回話題にするのは、わが合唱団の「定期演奏会」なので、「regulär」を使うと言う手もあるのですが、わたし的にはChorabendと言いたいですね♪

諸般の事情で合唱から遠ざかって26年、ふと「また歌いたい鴨?」と思ってこの合唱団の門を叩いたのが2005年の2月。その時は、前年の11月にフォーレのレクイエムをやって直後で、『これから2年かけてバッハのロ短調ミサやるんですよ~』と言うことだった。他にも複数の候補を上げていた(男声合唱団Kとか、Bの森とか・・・)のだが、何かに背中を押されたのか、特に迷わずつくば○○○○合唱団に決めた。ロ短調ミサと聞いて『一度は歌って見たいかも?』と思ったからとも言えるし、そう言う『縁』の運びになっていたとも言えると思う。

さて、その2年計画が、一昨夜無事結実した。まずは目出度い(はくしゅ~)。
1回の演奏会が1988年の11月だから、そこから数えると18年目と言うことになるが、演奏会としては第20回目の節目の演奏会であり、ロ短調ミサ曲の全曲演奏は、その節目に相応しい、相応しすぎる選曲であったと思う。いや、こんなことは、参加してたった2年のわたしが言うことではないのだけれど。

週に1回の練習+月に1回日曜日の集中練習が基本ペースの、ごく普通の一般合唱団が、こういう大きな企画をよくぞ出来たと我ながら思う。これは、創団時からの団員さんとか、それに準じるくらいに古い方達の努力の積み重ねであり、現在活動中の熱心な責任感溢れる皆さんのご活躍の賜である。わたしは、乗っからせて頂くだけで大変恐縮であった (^^;)

さて、演奏会は17時開演だけれど、団員は午前中から集まっている。わたしも、数少ない男手の1人として9時から諸々の設営・搬入のお手伝いをさせて頂いた。そして、1230分から15時過ぎまでゲネプロ。大曲なので、ゲネプロだけでもかなり燃焼した。それから着替えてスタンバイ。開演は17時から。この開演時間はドイツまたはヨーロッパではあまりない時間帯だと思うが(?)、遠方に帰る人の便利とか、そのあと打ち上げをしても遅くならないためには、この時間帯で「なければならない」らしい♪

毎年毎年ヲタクな曲目で演奏会を打つわが団。観客が超満員と言うことはないのだが、今回はいつもより沢山の入り。全席自由なのだが、何故かパフォーマンス系でもないのに舞台袖上部(というのか?)に座ってじっくり「見よう」という姿勢のお客さんが結構いた。バロックの楽器を近くで見たい人だったのか?音的には後の真ん中辺が良いと思うのだけれど。

さて、わたし個人的には、合唱にカムバックして2年、去年と比べて喉の調子も良く、喉自体去年よりも柔らかくなってきている感じで、気持ちよく歌うことが出来た。体調管理も上手く行ったのだ。去年は風邪こそ引かなかったけれど、秋頃に喉がなにやらおかしくなってそのまま演奏会になだれ込んだのだが、今年は直前まで何事もなく来ていたので、本番前の1週間は『ここで風邪引くわけには行かぬ』と、気合いを入れて暖まっていた(爆)のであった。また、Bass自体、去年よりも人数が増えていて、総合力アップしている。去年は9名今年は12名(Kさんがお腹壊さなければ13名だった…残念)。10名以上いると、個人の声が目立つと言うこともなくなってくる。

打ち上げ会場で、回収されたアンケートを読ませて頂いたが、好意的な言葉が多く、安心した。ノバホールの音響にかなり助けられているような気もするが、どんな音だったのか、本当に録音聴くのが楽しみである。

さて、本番翌日。つまり昨日。週末イベントが続いたのだが、朝起きて「え゛っ?」。

筋肉痛である。

当日の、設営・搬入・搬出・撤収などの肉体労働に加えて、ロ短調ミサ全曲オンステすると、100分を越える。その間、座ることも出来たけれど、概ね立っていた。しかも、ゲネプロと本番で200分マイナスαだけ立っていたことになる。と言うことで、昨日は筋肉痛に悩まされた。こりゃ、身体が元気なうちに、「マタイ受難曲」とか、「クリスマス・オラトリオ」とか、歌っておかなければならないみたいだ。(ま、筋肉痛が翌日のうちに来ているのはまだ良いかも?)

| | コメント (14)

2006年12月 7日 (木)

【Misserfolg】

Misserfolg (ミスエアフォルク) (男):失敗 ・・・・・ 何の失敗かというと、ココログのメインテナンスの失敗です

この3日間、ココログでは過去最長というメインテナンスが行われたが、失敗だったらしい。

「データベース分散化」及び「ココログベーシック/プラス/プロバージョンアップ」を目的として作業を行って居たと言うことだが、12/6の負荷テストで、負荷が高まりレスポンスが悪化するという現象が発生した。当初は改善できる項目であると判断し、修正/検証作業を行ったが、12/7になっても原因の特定ができず、問題の解決には更に長時間を要すことが予想されたため、一旦メンテナンス前の状態に戻した。

ということである。
この3日間、アクセスできなかった人や、コメントできなかった人がいらっしゃるようなので、日記を兼ねて事情説明する次第である。

またやるって言うのだが、今度はちゃんとやってもらいたいものである。

Donnerwetter!

| | コメント (16)

2006年12月 4日 (月)

【Orchesterprobe】

Orchesterprobe(オーヒェスタープローベ)(女):オーケストラリハーサル ・・・・・ オーケストラと何かが共演する場合、オーケストラとの合わせのことを言います。合唱団など、通常はオーケストラと一緒に練習できないので、本番が近づくとこれをやります。演奏会当日などに舞台で合わせること、すなわち舞台稽古のことをゲネラルプローベ、略してゲネプロと言います。ゲネプロという言葉を聞いたことのある人は多いはず。これは元はドイツ語です♪

20poster_3 私事であるが、-そもそもここはブログであるので私事を書くのは極めて正しいのだが-、129日の土曜日、わたしの所属する合唱団の定期演奏会があり、わたしもオンステするのである。演目は、かのバッハのロ短調ミサ曲。これはなかなかの難曲であり、普通の一般合唱団ではなかなか手が出ない(音も出ない)。わが団では、2年かけて練習した。昨年は、その中からKyrieなど数曲を抜粋して演奏し、今年は全曲演奏に挑戦する。挑戦と言って良いだろうと思う。

一昨日の土曜日、そのオケリハがあった。開場は、普段練習に使っている公民館のホールで、ぎゅうぎゅう詰めでの練習だった。

昨年もそうだったのだが、このオーケストラはバロック時代に使われていた仕様の楽器を使って編成されている。すなわち、毎年お世話になっているコンサートミストレスの方にお願いして、この演奏会のためのアンサンブルを組織して頂いたのである。とは言え、毎年見える顔も多く、寄せ集めではない。今回は、弦楽器はもちろん、トランペット、ホルン、フルート、オーボエ、ファゴット、ティンパニーなども入る豪華編成だ。当然出費も多くなるが、これは来年の演奏会を節約バージョンで行うことで何とかするわけである。もちろん節約はお金だけで、音楽エネルギーは節約しない。

さて、オーケストラと歌うという経験は初めてではないが、もうずいぶん昔のことになる。学生時代に、関西六連と言われていた「集団」で、朝比奈隆さん&大阪フィルとオペラ合唱曲のステージを組んだことがあった。そして、その流れで大町陽一郎さんの指揮で、「美しく青きドナウ」を合唱付きでやったことがあった。そして、合唱のステージではないが、二期会関西支部&関西歌劇団の合同公演で、なんと小澤征爾さん指揮の大フィルで、トスカのエキストラをやったことがある(実は自慢♪)。

で、それ以来だから ・・・・・ 30+α年振りだな (--;) 今数えてみたらスゴイ昔だ。我ながら驚く。・・・・・と思ったら違う。去年、ロ短調ミサの抜粋演奏で、ちゃっかりオーケストラと歌っている。忘れていた?(爆)

去年は、秋口以降喉の調子が悪くて、演奏会でも満足のいく声が出なかったのを思い出す。残念な出来だったけど、今年は今のところ異常なし。是非このまま行きたいもんだ。26年ほどのブランクの後歌い始めて、2年。復帰直後のことを思えば、やっぱり喉が少し「柔らかくなってきた」ように感じる。ブランクというのはそう言うものなんだろうか?もうすっかり回復したと思っていたのだけれど、案外そうではなかったのかも知れない。

さて、本番まであと5日。練習は、明日の通常練習とゲネプロを残すのみ。今後に2度目があるかどうか疑わしいロ短調ミサ曲の全曲演奏、ベストが尽くせますように。

| | コメント (16)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »