« 【Segantini】 | トップページ | 【Prima!】 »

2007年1月22日 (月)

【Deutsche Lieder】

Deutsche Lieder (ドイッチェ リーダー)():ドイツ歌曲 ・・・・・ 日本語化したものは、ドイツリートと言われる。リート(Lied)は単数なので、実際に会話で使用するときはリーダー(Lieder)と複数にするのが適切。

昨日、NHK芸術劇場でドイツリートのコンサートが放映されていました。最初のプログラムは、マグダレーナ・コジェマーのメゾ・ソプラノ・リサイタル(@トッパンホール)で、その次のプログラムは、ナタリー・シュトゥッツマンのコントラルト・リサイタル(@紀尾井ホール)でした。月曜朝一番の案件などを抱えていることが多くて、日曜日のこんな時間(22:0024:00)にTVを見ていることは希なのですが、昨夜は「暇」だったので鑑賞することができました。

量的にはコジェマーのリサイタルの方が圧倒的に多く、シューマンの「女の愛と生涯」とか、ドボルザークの「ロマの歌」、モーツァルトの歌曲、ヴォルフの「メーリケ歌曲集」より・・・・とドイツリートの美味しいところを歌っていました。でも、何かひとつ足りない・・・・・そう、シューベルトはその後のナタリー・シュトゥッツマンが歌っていました。考えて編集していますね。

どちらも、知っている曲が多く、歌を聴くと言うよりは体の使い方とか口の開き方等々に目がいってしまったのは、素人歌うたいの不徳の致すところです。ここで、そんなに観察しても、自分がどれほど上手くなるのか・・・・・orz とは言っても、我が家のTVは可成り古いもので、その当時のメーカーにはサウンドを楽しむという考えがなかったらしく、音だけでは物足りないので致し方なく・・・

印象に残ったのは、シュトゥッツマンの方でした。

青いタキシードのような上着に黒ズボンで登場。かんばせは普通のオバサンでしたが、非常に「男前」な雰囲気が出ており、男の視点から書かれた曲を女声で聴くのにも違和感がありませんでした。放送されたのは全曲シューベルトの歌曲でした。「死と乙女」や「さすらい人」のようなポピュラーな歌曲と、「白鳥の歌」からの抜粋で数曲。わたしは、「白鳥の歌」が結構好きで、シューベルトの3大歌曲集の中でも、おそらく平均よりも「白鳥の歌が好き度」は高いと思います。機会があれば歌ってみたい曲がいくつもあります。

そう言えば、わが合唱団の年に2回の音楽会が2月下旬にあります。そろそろ歌う曲を決めなければなりません。先回は先生の希望にも沿う形での選曲でしたが、今度は100%自己中で選曲しようかと思います。「Aus den hebräischen Gesänge」(Myrthen15番)というのを考えているのですが、本番までに何度か揺れそうです♪

|

« 【Segantini】 | トップページ | 【Prima!】 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

樅の木さま

> 体の使い方とか口の開き方等々に目がいって

これよくわかります!! 私の場合はバレエなどの踊りをみるときで、作品を味わうよりも勉強目線で観察してしまいます。自分に反映できるわけでもないのに ^^;

あと1ヶ月で練習できてしまうのですか? 合唱団の基礎力が安定なさっているのですね。すごい~

投稿: あむ | 2007年1月23日 (火) 18時47分

あむさん♪

あむさんもですか(笑)。
すごく勉強にはなるんですけどね、鑑賞ならしっかり鑑賞したほうがいいのにな~、などと思いながら「観察」してしまうのですよ (^^;)

合唱団の基礎力は、どうなんでしょう?確かに、皆さんやれば出来る人ばかりですね。でも、やらないと出来ない(爆)。いつやるかが問題。本番が近づいた時の仕上がりの早さは、なかなかですが・・・・・♪

投稿: 樅の木 | 2007年1月23日 (火) 21時13分

シュトゥッツマンのリサイタル! 放映されたのですか? 嗚呼、なんと惜しいことをしたのでしょうか。私、見逃しました…(悲嘆)。わたくし、彼女を激愛しておりまして、来日の度にリサイタルには足を運んでおります。昨年も私の背後にテレビカメラがあったので、「きゃーシュトゥッツマン様と一緒に写るかすぃら?(はぁと)」と思っていたのにぃ。
彼女、ほんの数年前まで、どう見ても男前の女性でした。超細身で。今は様変わりしましたね。ちなみに、あたくしと同い年。おばちゃんで悪かったのぅ。
シュトゥッツマン自慢は沢山したいのですが、ミーハー過ぎるので、自粛いたします。ではでは\(^o^)/~~~

投稿: ほっしー | 2007年1月25日 (木) 00時39分

ほっしーさん♪

激愛していたのはオッターじゃなかった?あれは、溺愛?それとも熱愛?
て言うか、放映されたのは紀尾井ホールでのリサイタルでしたが、生で聴いたんですか?

シュトゥッツマンは「支える人」という意味になります。さすが、よく支えられていましたよ、声。体重もかな(爆)。
歌うときの表情なども、コジェマーは硬い感じでしたが、シュトゥッツマンは柔らかくて、なかなかGutでしたよ♪

で、年齢・・・あ、そう?
(シュトゥッツマン、わたしより年上かと思った・・・独白)
↑自分を何歳だと思っているのか?

投稿: 樅の木 | 2007年1月25日 (木) 12時10分

私も見て、イヤ聴いてました♪でも途中まで。いつの間にか眠っておりました。気がついたらもう終わって・・いて。ザンネンです~。
この間ベルリンフィルの弦楽四重奏団のコンサートでも近くに座った方が寝息までたてて眠っておりました。私としてはその時寝息がとても迷惑だったのですが、音楽を聴きながら気持ちよく眠れるということは幸せな時間なのか?高い料金払ってるのに聴きのがしてるのは可哀想な事なのか?と考えてしまいました。(^^)

投稿: ろこちゃん | 2007年1月25日 (木) 17時08分

ろこちゃんさん♪

音楽聴いて眠くなるのは、きっといい演奏だからですね。妙な演奏だと安眠出来ませんから。経済的かどうかは・・・・・わかりませんけど(笑)。
でも、睡眠中も一応音楽はきこえている筈なので、魂の養分にはなっているはず。(^o^)

投稿: 樅の木 | 2007年1月25日 (木) 21時01分

> 体の使い方とか口の開き方等々に目がいって

これ、分かります。Vn弾きの僕は弦の右手、弓遣いに目が行ってしまいます。左手のフィンガリングはステージでもTVの画面などでも残念ながらあまりよく分からない。学生時代は弦楽四重奏をかぶりつきで見に(聴きにというより)行ったものです。眠るどころじゃなかった。

投稿: takuya | 2007年1月27日 (土) 23時37分

takuyaさん♪

「見に」行っている場合は、眠る危険は少ないですよね(笑)。右手の弓使い、と言うか、手首が柔らかですよね。上に向かうときと下に向かうときとで、手首がショックアブソーバのようにターンの衝撃を吸収している感じがします。その他のことはちっとも気がつきませんが・・・・・(^^;)

投稿: 樅の木 | 2007年1月28日 (日) 01時31分

★樅の木さま

こんばんは~ このところ、樅さまの美声が聞こえてこないような・・・北のほうに耳を傾けているのですが。

ところでまたスパムが来るようになってしまいました(涙) いよいよ引越しを考えないといけないかしら。くーーー(日記と関係ない話題ですみません)

投稿: ありちゅん | 2007年2月 6日 (火) 21時06分

ありちゅんさん♪

このところ、死ぬほど忙しいんですorz
日記の更新なんて出来やしない。

ところで、スパムがまた来るんですね。ひつこいやっちゃな~。ココログベーシックだと、例のシステムが付いているので可成り楽でしょうね。広告も消えるし。ただ、最近Niftyさんはシステムのトラブルが多くて・・・・・まあ、わたし自身はそこから直接の被害を被ったわけではないのですが・・・

引っ越し先、いろいろ検討してみた方が良いかも知れませんね。ココログ内だと、過去データの引っ越しも簡単なので、一応お勧めはしますが・・・

投稿: 樅の木 | 2007年2月 7日 (水) 00時49分

樅の木様

最近姿が見えませんね~。
お忙しいのでしょうか?? 

投稿: mihana | 2007年2月10日 (土) 01時26分

mihanaさん♪

死ぬほど忙しいです、いまだに・・・orz
でも、これもあと2日ぐらいで終わりです。そしたら今度は死ぬほど暇になったりして(^^;)

mihanaさんのところは覗きに行ってますよ。またそのうちカキコしますね♪

投稿: 樅の木 | 2007年2月10日 (土) 08時58分

樅の木さん☆

こんにちは!なるほど~、忙しいのですね。いいじゃないですか! がんばってくださいね。
でも、ブログの更新も楽しみにしていますよ~。

投稿: mihana | 2007年2月10日 (土) 16時47分

mihanaさん♪

どうも有り難うございます♪
そのうちまた交信じゃなくて更新しますので、見に来て下さいまし♪

投稿: 樅の木 | 2007年2月10日 (土) 23時40分

★樅さま

行進を楽しみにしております。ってMarsch してどうする!

投稿: ありちゅん | 2007年2月13日 (火) 12時19分

ありちゅんさん♪

亢進、ぢゃないですね、更新。
いま、ネタ考えてますので (^^;)

投稿: 樅の木 | 2007年2月13日 (火) 20時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Deutsche Lieder】:

« 【Segantini】 | トップページ | 【Prima!】 »