« 【Duenkelbier】 | トップページ | 【Spiel】 遊び »

2007年4月27日 (金)

【Mitwirkung】

Mitwirkung (ミットヴィルクング) ():共演、協力 ・・・・・ コンサートのチラシなどに、Mitwirkungとして、共演者やその他の協力者の名前が書かれていることがある。「共に機能する」という意味合い。

**********

さてこの表題のMitwirkungをすることになりました。ソプラノのコンサートで、合唱で賛助出演するものです。合唱が絡むのは8曲で、うち男声が絡むのが7曲。曲目は、イタリア民謡「フニクリフニクラ」、オペレッタ「メリー・ウイドウ」より「ヴィリアの歌」、同じく「女・女・女のマーチ」(レハール)、そしてオペレッタ「観光案内人」より「美しく懐かしきドナウの街」(ツィーラー)など・・・・・今まですでに2回ほど練習をしました。出番はそれほど多くはありませんが、なかなか美味しいところを歌わせてもらえます♪

ツィーラー(Ziehrer, Carl Michael)の「観光案内人」と言うのはまったく知らなかったのですが、歌ってみるとどこかで聞いたようなメロディーでした。で、その観光案内人ですが、ドイツ語原題を「Der Fremdenführer」と言うのです。

「お!Fremdenführerかいな!」

フリーで翻訳業を開業したのは良いけれど、今まで資格なんてあまり気にしていなかったので、履歴書の寂しいこと。そこで、何か能力証明になるものを、と受験したのがこのFremdenführer、すなわち通訳案内業、通称通訳ガイドの国家試験でした。渋谷にある欧日協会と言うところに「通訳ガイドクラス」があるというので、半年(2期)ほど通ってみました。あの時、クラスに来ていた人たちは今ごろどうしているのやら。うち2名はフリーの通訳さんでばりばりやっておられますが、あのころはまだみんな「あすなろ状態」だったのを懐かしく想い出しました。1次試験の後まだ陽も高いうちから居酒屋に行ってしまったり・・・・・お陰で無事に合格し、この6月にはそのFremdenführerと言う題名のオペレッタの曲を歌うのですな・・・・・

ツィーラーはあまり有名ではないらしいのですが、レハールのメリー・ウイドウはなかなか有名です。「女・女・女」という曲は、わたしはまだ歌ったことがなかったのですが、なかなか軽快で楽しい曲です。いかにもウィーンの音楽という感じです。原曲はもちろんドイツ語ですが、シューベルトのドイツリートなどとは、まったく違う世界を形成しています。そう、同じドイツ語圏と言っても、ウィーンとベルリンとでは、大阪と東京ほど違うようですね。いま日本でドイツのイメージとして浸透しているのは、プロイセン的なものではないでしょうか?ウィーンやバイエルンあたりのドイツ語圏は、それとはまた違った雰囲気があると言われています。わたしが知っているのは、どちらかと言うとウィーン寄りのドイツ語圏で、両者を比較することはできないのですが・・・・・

ところで、このコンサートは、すべて日本語で歌われます。親しみやすい、楽しいコンサートと言うことですから、やはり歌詞は日本語がいいですね。実は、今回の演目の訳詩についても、多少mitwirkenしたのですが、音楽の訳詞というのはなかなか大変です。

字数は原則として音符の数以上は許されません。しかし、音符ひとつはドイツ語の1音節ですからして、「ich」とくれば「わたし」「おれ」「われ」など、どれも字余り。おまけに、メリスマ的な部分、すなわち複数の音符に1音節がまたがっている場合は、訳詞も1音が望ましいので、削らざるを得ないわけです。しかも、昔の訳詞は字数を合わせて、あとは文学的に書いたものが多かったようですが、どうも今時のは、原文の意味の近くを漂いながら、メロディーとの抑揚が合うことや、伸ばしている音の音価(母音)が合う、または近いことなどが求められるようです。確かに、言語で歌えば「Aaaaa」と伸ばしているところを、訳詞では「い~~」だと、音楽に貢献しているのかどうか怪しいところです。そんな細かいことええんとちゃう?と思う人の方が多いかも知れませんが、歌う側からするといろいろとウンチクもあるようで。これはこれで難しい作業だなと思う次第です。

|

« 【Duenkelbier】 | トップページ | 【Spiel】 遊び »

音楽」カテゴリの記事

コメント

きゃぁー!かっこいい!ソプラノコンサートでの賛助出演♪楽しみですね。しかも訳詩までなさって!さ~すが樅の木さま♪
歌の訳詩ってやっぱり大変でしょうね。音符や音程との兼ね合いもあるでしょうし意味もあまりにかけはなれても・・。そこにまた文学的要素も取り入れてなんて頭の中がこんがらがっちゃいそう・・・。そんな大変な作業の上で歌う曲はまた格別な思い入れがありそうですね。素晴らしいコンサートになりますように♪

投稿: ろこちゃん | 2007年4月30日 (月) 23時55分

ろこちゃんさん♪

ありがとうございます。いえ、今回の訳詞のMitwirkenは、逐語訳を作ってさし上げたのです。で、歌う当事者で決めて頂くと言うことです。もちろん、自分でもやってみましたけど、なかなか大変で、アブラものを待たせてあるので、それらしきものは出来ませんでした。

ま、その代わり(?)、2+1/4小節だけソロがあります (*^o^*)/

投稿: 樅の木 | 2007年5月 1日 (火) 18時37分

★樅さま~~~

こんばんは。Fremdenführer、懐かしい響き。かつて憧れていました。

歌が歌える人ってホント羨ましいです。音痴だった私は、合唱コンクールではしばしば口パク。声も高くないので、パートはいつもアルト。一度でいいから主旋律を歌いたい!とよく思っていました。

歌詞の訳って難しいですよね。私は苦手です。もとの歌詞の内容を大事にしつつ、日本語に置き換えても違和感のない歌詞を作るのは至難の業だと思います。

投稿: ありちゅん | 2007年5月 2日 (水) 20時15分

あり殿♪

いえいえ、アルトのファンだと言う人は多いのですよ。ま、主旋律はたしかに少ないですが、Bassよりはマシでしょ?

歌詞の翻訳も難しいです。でも、あり殿は、お菓子の翻訳ならできるでしょう (^m^)

投稿: 樅の木 | 2007年5月 2日 (水) 22時56分

ご無沙汰しております。6月のソプラノのコンサートというと、T先生のコンサートですね。私も、コーラスでの参加を検討しましたが、コンサートの日時が、仕事と少し重なることが分かり、今回は、家族を連れて、聴衆になりに行くこなりました。樅の木さんの、ソロのとき、客席から、手を振ろうかしら。なんでしたら、亭主にもさせますよ。あ、旗を振ったほうが良いですか(笑)?

投稿: LLM | 2007年5月 3日 (木) 17時48分

LLMさん♪

お久しぶりです。
そう言えば、LLMさんもT先生とは・・・・・?

ソロはあっという間に終わりますよ。どうせ振るなら、札束でも(爆)

投稿: 樅の木 | 2007年5月 4日 (金) 00時09分

Mitwirkungって、これまたストレートなドイツ語だな~と思ったものでした。学生時代の合唱では私もアルトで、人手が足りないとテノールも手伝わされました。歌詞の翻訳、ホントに難しいですよね。時代の移り変わりによる傾向、そうそう!と頷いて読ませていただきました。

投稿: あむ | 2007年5月 6日 (日) 09時35分

あむさん♪

Mitwirkung、舞台でなくても使えますよね?日本語の「共演」よりは幅が広そう。にしても、そのまんまで、わざわざ翻訳する必用もないくらい・・・しない方がわかる。かな?

テノールも手伝えるアルトはなかなかいいですね。しっとりとした低音は好きです。
一方、アルトを手伝うカウンターテノールなんてのも居ますね。合唱団の真ん中片はクロスオーバーゾーンですな (^m^)

投稿: 樅の木 | 2007年5月 6日 (日) 21時19分

★もみしゃま

きゃ~ シュヴァルツ。おしゃれですね~。大人の雰囲気。

久々に疲れました・・・朝からずっと気合い入れっぱなし・・・づがれだ~

投稿: ありちゅん@ぢがれだ~ | 2007年5月10日 (木) 18時28分

ありちゅんさん

お疲れですか、同じです。
台所仕事は疲れますな(謎爆)

投稿: 樅の木 | 2007年5月11日 (金) 01時06分

このあいだはセガンティーニ、今回はSpitawegですね!こういうEcke、欲しいな~。

投稿: あむ | 2007年5月11日 (金) 10時22分

あむさん♪

今回のSpitzwegは定番中の定番ですね。
こういうコーナーがあれば、落ち着きそうですね。わたしも子供の頃は、隅っこが好きで、いつもどこかにすっぽり「はまって」いたような気が・・・ (^^;)

投稿: 樅の木 | 2007年5月11日 (金) 14時48分

6月2日のT先生のコンサート、その時間に、仕事が入ってしまい、残念ですが、行けなくなっちゃいました。代わりと言っては何ですが、亭主と娘は伺います。亭主と娘に、よ~く、言っておきます。樅の木さんのソロのときは、分かるように、手を振れと・・・あ、札束でしたね。子供銀行でもよい(笑)?

投稿: LLM | 2007年5月22日 (火) 15時59分

LLMさん♪

あ、お忙しいですからね、ではご主人とお嬢様を派遣して下さいまし (^^)
札束振るのも良いですが、おひねりを投げて下さっても良いですよ (^m^)

投稿: 樅の木 | 2007年5月22日 (火) 22時04分

昨日は、お疲れ様でした。個人的な話ではありますが、最近生活が忙しくて、亭主に、樅の木さんのソロのときに、何かしろ、と言うのを、忘れていました。昨夜、亭主にその話をしましたら、自分達の座ったところから、樅の木さんのところまでは、遠かったので、何をしても、分からなかっただろう、って言われました(笑)。それから、亭主が、樅の木さんのソロの所について、あれでは短すぎて、樅の木さんの実力が十分に発揮されていなかった、ですって。そうそう、舞台で、ダンスもされたのですか?亭主が、だいぶ練習したんだろうって、申しておりました。

投稿: LLM | 2007年6月 3日 (日) 08時59分

LLMさん♪

ご主人様のお顔は、終演後ロビーで見かけるかな?とか思いましたが、お見かけしませんでした。
あのソロは何しろ2小節半ですから、気が付いて「何かしよう」と思ったときにはもう終わっていたはずです(笑)。

それから、ダンスはやりましたよ。まあ、ダンスと呼べるような代物ではありませんでしたが(爆)、お客さんは皆、まさかあんなことまでやるとは思っていらっしゃらなかったのでしょう。うけました (o^-')b

後ほど、久しぶりに日記でも書いてレポートしましょう♪

投稿: 樅の木 | 2007年6月 3日 (日) 17時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Mitwirkung】:

« 【Duenkelbier】 | トップページ | 【Spiel】 遊び »