« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月17日 (木)

【Spiel】 遊び

Spiel (シュピール) ():ゲーム、遊び、試合、など ・・・・・ 技術系ではクリアランス=遊びの意味でも使われる。さほど難しくはない言葉のようだが、日本語と意味の拡がりが違うためにイメージがつかみにくい(?)言葉のひとつ

**********

Spiel: これはなかなか拡がりのある言葉だ。ここ数年、わたしは「Spiel」と言ったら、「遊び、クリアランス」という方向に考えが飛んでいくのだが、歌うたいの時は「Spiel」と言えば「演奏」である。よくVorspiel等という言葉を音楽Kinderが言っているのを耳にした。卓球少年だった頃のSpielはなんたって「試合」だったし、もっとガキだったころのSpielは「お遊戯」だった。嗚呼、「賭博」のSpielもあったなあ・・・・・ 辞書を覗いてみると、実にいろいろなSpielがあってあらためて驚いたりしている。

 

Das letzte Wort」というSpiel、すなわちゲームをご存知だろうか? ご存知の筈はないだろう。これは、一応わたしがオリジナルで考え出したSpielなのだから。でももしかしたら、どこかで誰かが同じような発想で似たようなゲームを考えているかも知れない。

ドイツでクリスマス(イブ)だったか、大晦日だったか、とにかく友人知人が大勢集まって過ごすときの時間つぶしというか、場つなぎ的に何かゲームをするということになり、思案の果てに考え出したのがこれだった。

 

居合わせた人たちに紙切れを配る。110枚ぐらい。あの、Papierwuerfel(四角い紙切れを束ねてサイコロのような立方体にしたもの)なんかが丁度良い。そこに、各自思い思いの台詞を書いて貰う。5枚ぐらいは極めて普通の台詞を・・・・・ そして34枚は少しひねった台詞を・・・・・ そして、12枚はウケ狙いの台詞を・・・・・ そして、書き上がった台詞は折りたたんで貰って箱に回収。

いざ本番が来ると、まず「誰と誰の会話が聞きたいか」とかリクエストを取ったり、あるいはくじ引きなどで、最初の2名を選出するして・・・・・

この2名は皆が事前に書いた台詞で会話しなければならない。その台詞を10枚、箱の中から目隠しして選ぶ。対戦相手も同じようにする。これで二人は台詞を10本手元に持っている。しばし時間を与えて、その台詞をおよそ頭に入れ、そして、会話を開始する。ルールは、出来るだけ相手の投げた台詞に対する答えになるような台詞を選ぶということ。出来れば大げさな振りなど付けて他人を愉しませること。会話が10往復終わったら、聞いていた全員で「Das stimmt!(=その通り!)」と言わなければならないこと。

こうすると、最初の何往復かはなんとかかんとか会話になるが、後半は次第に怪しくなってくる。最後の12往復など、結構シュールな会話になる。選びたくても選べない、運命の悪戯的な演出が出てくることもある。ある時は、あるご夫婦が会話することになり、最後の1往復が:

妻:「わたしはどうしたらいいかしら?」

夫:「いい人見つけて結婚しなさい!」

で、奥さんが

「ホント?」

旦那が

Nein!」(だめ!)

と、11往復目も始まってしまったりしたこともあったりした・・・・・

 

集まった人のセンスによって、しらけたり盛り上がったりするゲームで、わたし的には傑作だと思うわけだが、これは「ドイツ人向き」なのかもしれない。日本人の集まりでこれをやってもダメかも知れない。こんな面倒くさい、考えオチのゲーム・・・・・ でも、ドイツ人の子供達にはうけて、皆自発的に台詞を書いて、アンコールやってたりした・・・・・

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »