« 【Wettbewerb】 競争 | トップページ | 【Gabel und Messer】 ナイフとフォーク »

2008年6月28日 (土)

【Chile Wein】 チリワイン

Chile Wein (チレ・ヴァイン)():チリワイン …… 南米の国、チリのワイン。これをChili Weinと書くと、とんでもない味のワインになるはずだ。ワインと言えばフランスというのが一般的な考え方だろうと思われるが、チリワインはある意味フランスなどのヨーロッパワインを越える存在である。「酒乱の誉れ」… ではなく「出藍の誉れ」という言葉がぴったりと来る。

**********

わたしはチリワインが好きである。

チリワインの味を覚えたのは、ドイツ滞在中だった。当時わたしは、ワインと言えば、白ワインならドイツ、赤ワインならドイツ以外というかなり簡単な評価基準に従って、財布の中身と相談しながらワインを買っては飲んでいたものだった。

ドイツの白ワインはなかなかのものだと思う。わたしの住んでいたのはドイツ南西部、バーデン・ヴュルッテムベルク州であり、日本で言う地酒のようにそこら中に地ワインがあった。地ビールももちろんあったが、地ワインもなかなかのもので、それは大抵白だった。わたしは数ある白ワインの中でも、フランケンの辛口の白が好きだった。どの辺か、と言えばヴュルツブルクのあたりと言っておこうか。瓶の形が三角形をしている。大昔、資生堂から出されていた男性用化粧品「ヴィンテージ」のボトルの形と良く似ている。あれを良く冷やして、チーズなどと一緒にやるのが好きだった。今でも好きに違いないが、肝心のフランケンワインが手に入らないので、確認ができない。困ったものだ。

白ワインは美味しいのに、何故ドイツ人は赤ワインを「よう作らんのか」と思う。ドイツの赤ワインはどれもこれもさらさらで、色つきの白ワインとしか思えない。そこで、わたしは赤ワインはドイツ以外のものを買うことにしていた。イタリアのキャンティのクラシコなどが非常に良かった。赤ワインは、どっしりとしたフルボディが好みである。肉料理にはこれしかない。

ある時、巨大なスーパーマーケットのワイン売り場でチリワインを見つけた。話の種になるかな? と思って買ってみたら、これがとても美味しかった。

驚いて知人に話したところ、何人目かで「そうだろう!」という御仁に出逢った。

彼はなかなかの物知りで、知っていることはとことん知っているが知らないことはまったく知らないと言う、当たり前の人物であったが、幸いなことにチリワインのことを良く知っていた。彼が言うには、「チリの葡萄の木はヨーロッパの葡萄の木よりも由緒正しい」と言うことだった。ほんまかいな?

物知りの彼と、酒屋の親父などにも確認したところ、わたしなりに真相を理解することができた。

コロンブスという名の男が大西洋を渡ったおかげで、南米にスペインやポルトガルの魔の手が忍び寄った大航海時代、キリスト教の布教もなされ、教会の行事に必要なワインを現地調達しようと言うことで、ヨーロッパから葡萄の苗木が持ち込まれた。スペインからだったようだ。ドイツの修道院とビールの関係を出すまでもなく、宗教と酒との関係には、極めて深いものがあるのだ。

栽培を始めてみると、チリの気候が葡萄の栽培にとても適していたらしく、思いがけない成果が上がり、ワイン造りはチリで急速に広まったと言う。そして、19世紀になってフランスからの苗木が入って来て、今に至る。その間、ヨーロッパでは害虫の被害によってほとんどの葡萄の木が死んだとされている。その後、ヨーロッパでは害虫に強いとされるアメリカ系の葡萄の木を台木に、ヨーロッパ品種を接ぎ木すると言う方法で、再びワイン造りが始まった。

わが物知りの友人曰く、「アメリカが混ざってるんだぜ!」 ヨーロッパ人に良くあるアメリカ嫌いのひとりであった。そうかそうか。ゲーテのファウストの冒頭のあたりで、『ドイツ人ならフランスはご免だが、美味い酒なら有り難く頂くぜ(高橋義孝訳)」という台詞があるが、やはり酒の場合、アメリカよりもフランスの方が有り難いらしい。

チリにフランス産の葡萄の木が持ち込まれたのはこの害虫被害の発生する前であり、アンデス山脈によって防御されているせいか、チリはいまだにこの害虫被害に遭っていない。チリにはヨーロッパではなくなってしまった品種の葡萄の木が、今でも残っているのだそうだ。だから、チリワインは「フランスワインよりもフランス」なのだそうだ。

チリワインは、赤ならどんな安物を買っても、どっしりとしたフルボディであって、わたしの好みにぴったり合致し、今まで期待を裏切られたことがない。ドイツでも、チリワインを知人によくプレゼントして、「美味しいやんか!」と喜ばれることが多かった。

今回、680円のチリワインを買って飲んだら、わが地元の○○シャトーのワインより、10倍ぐらい美味しかったので、ブログに書こうと検索してみたら、チリワインに詳しいサイトがあった。例の害虫の名は、フィロキセラというのだそうだ。葡萄の木の根を食う悪い奴だ。詳しいことはこちらでどうぞ。

ルネッサ~~ンス!


|

« 【Wettbewerb】 競争 | トップページ | 【Gabel und Messer】 ナイフとフォーク »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~ 関係のない話ですみません。あむさんの別宅で盛り上がっております。ぜひお越しくださいませ

別宅の住所、ご存じでした・・・?拙宅からも飛べます♪

投稿: ありちゅん | 2008年7月 6日 (日) 00時15分

もみのきさまー
ワインの嗜好、ほぼ同じですな!読んでいて、そうそう、そうなのよーとうなずいてしまいました。マルクのころは安かったしなー。
フランケンの白、とくにヴュルツブルクあたり、もう、いちばんすきですわ!
ほにゃく井戸端、ぜひご参加を~!(2つめのブログのほうです)

投稿: あむ | 2008年7月 6日 (日) 10時04分

おはようございます~。フランケンワインの瓶、ボックスボイテルって言いましたよね。山羊とか羊のオスのから来ているって聞いたんですが・・・そーです、モミ様のあのH で始まる単語の…。

投稿: ありちゅん | 2008年7月 6日 (日) 10時28分

ありちゅんさん♪

今、行ってきました。うん、あの話題は盛り上がる(笑)。
ボックスボイテル…… 「箱の袋ってどういう意味?」とのたもうた大和撫子がいらっしゃいましてね…… わたしは親切だから、つい説明してあげてしまいましたわ orz

投稿: 樅の木 | 2008年7月 6日 (日) 17時04分

あむさん♪

お宅でたいへんなことになっていますね (^m^)
ワインの好み、同じですねえ。わたしの地元当たりにも地ワインはありましたけど、フランケンの辛口がいいですねえ。日本ではあまりお目にかからないので寂しいです。ワインと葡萄ジュースの区別のつかない人が多くて、輸入ワインの品質を落としているのではないか、とさえ思ったりする。

投稿: 樅の木 | 2008年7月 6日 (日) 17時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Chile Wein】 チリワイン:

« 【Wettbewerb】 競争 | トップページ | 【Gabel und Messer】 ナイフとフォーク »