« 【Gabel und Messer】 ナイフとフォーク | トップページ | 【Moll】 短調 »

2008年7月29日 (火)

【Maiglöckchen】 すずらん

Maiglöckchen (マイグレックヒェン)(中):すずらん …… 五月の小さな鐘という意味。なるほど、花の形そのものをあらわしている。 ♪ある夏の夜~、静かな森を~、ひとり~歩く~とき~、いずこともなく~、ただようその香~、す~ずらんの花よ~♪ 人生円熟期に入った人なら、どこかで聞いたことのあるこの歌詞。ダークダックスが歌って大ヒットしたロシア民謡「すずらん」である。これは何でも、レコーディングが迫っているのに訳詞が決まっていなくて、あわててバリトンのゲタさんが書いたという訳詞(作詞?)である。見事なものだ。あっぱれ~(von大沢親分?)♪ 歌のすずらんも良いが、花のすずらんも良いのである。ところで、北海道のすずらんとマイグレックヒェンはまったく同じものなのかな?

**********

 いつ頃だったか、多分五月だったと思うが、北海道の親戚からすずらんが送られてきた。湿った新聞紙に包まれて、根付き鉢なしの状態で送られてきたので、わらわらとホームセンターにまろび、プランターと土を買ってきた。 ♪月曜日にすずらんが着いて、鉢と土を買ってきた~。てゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃてゅりゃりゃ~♪

 

 我が家は一戸建ての借家であって、ガーデニングをやろうと思えばいくらでもできるのだが、生憎その趣味はなかったので何もしていない。しかし遂に土いじりをすることになった。すずらんを植えたプランターはベランダに置いた。垣根のない我が家の裏庭にわ鶏はいないが猫が来る。荒らされたら癪なので、二階のベランダにお出まし願った。

 花が咲いている間、わたしは「ポチ」とか「タロ」とか名付けられそうなノリで、よくすずらんの花に顔を近づけて「くんくん」と匂いを嗅いでいた。たしかに良い香りだった。

 しかし、くんくんしていたのはわたしだけではなかった。

 我が家のベランダには猫は来ないが蜂が来る。蜂五郎と言うそうで、もう顔なじみだ(per Du)。仕事の途中でベランダを覗くと時々蜂五郎がすずらんにちょっかいを出しているのが見られたが、わたしは大人なので黙認していた。

 やがていろんな意味で盛りが過ぎ、すずらんは枯れた。わたしは元来、土いじりが面倒な生まれなので、枯れたすずらんもそのままにしておいた。完全に枯れたら、土に戻して同じプランターに、勝手に育ってくれるやつを何か植えようと思っていた。すると、先日発見した。すずらんが種をつけているのを。

 蜂五郎がちょっかいを出してくれたおかげで、北海道から嫁いできたすずらんが妊娠した。写真に写っている、丸い物体がそれである。

Suzuran_01

 昔、ドイツにいた頃、グラジオラスだったか百合だったか忘れたが、わたしが手で強制受粉させたら見事に成功したことがあった。「いまはまだ時期じゃないんだよ。めしべがまだ子供だからね。めしべが大人になると、めしべの先が湿ってくるから、その時に受粉させるといいんだよ」と誰かが教えてくれた通りにしたら、次のGenerationができた。

 我が家のベランダで、健気にも次のGenerationを残したすずらんを見て、そのことを思い出した。種を含むと見られる、「丸い物体」はほんの五個ぐらいしかないのだが、「強制受粉」させていたらどういうことになっただろう。嫉妬に狂った蜂五郎に刺されたかも知れない。

 この種は、このまま自然に枯れるにまかせてプランターの土に落ちるまで見守り、種が落ちたら枯れた茎や葉を片づけて(切って土の上にでも敷くか)そのまま春まで放置してみようか。こっちは冬も暖かいからなぁ…… 上手く行くのかどうかわからないけど、また首尾良く花が咲いたら、今度は「強制受粉」させて大量生産してやろう (^m^)

|

« 【Gabel und Messer】 ナイフとフォーク | トップページ | 【Moll】 短調 »

ぶつやき」カテゴリの記事

コメント

ぷぷぷっ

いつもの樅さまとはまた一味違う、恋の話…(ではなかったかな?)ほんわかしますね~~

投稿: ありちゅん | 2008年7月31日 (木) 10時07分

ありちゅんさん♪

よく考えたら、わたしも可成りちょっかいを出していましたので、丸い物体のひとつやふたつは、もしかしたらわたすの「子」かも知れません…… (^^;)

投稿: 樅の木 | 2008年7月31日 (木) 20時55分

樅の木さま~

お久しぶりです~。上高地のテンプレに誘われてやってまいりました。暑いです~。

「すずらん」我が家にもあります。植えっぱなしで、どんどん増えます。「すずらん」は地下茎で増える宿根草なんですよ。だから普通は花が終わったら花茎は摘み取るほうが次の年の花咲きが良くなるんです。
でもとても強い花なので種がついてしまっても地下茎のほうも生きていると思いますので葉が枯れるまでは土が乾いたら水やりなどして葉が枯れたら古い葉は鋏で切っておくと(土から上の部分がなくても大丈夫です)来年春には葉が出て茎も出て花が咲くと思いますよ~。

鉢植えだと時々水やりなどの管理をしないとだめかと思いますが土植えだと植えっぱなしでも大丈夫な花です。っていうか困るほど増えていきます・・・。

ところで種・・・行く末を楽しみに観察するのも楽しいかも・・・なのですが、すずらんって可憐な花に似合わず実は毒性があるんです。花を活けている水を飲んで中毒になったという事例もある位で、花にも根にも微量ながら毒があるとか。特に種はかなり有毒だそうですから(それであまり種をつけないようにと花の本には書いているのかも)くれぐれも鼻を近づけすぎないよう気をつけてくださいね~。(蜂五郎は大丈夫?)

投稿: ろこちゃん@ちょっとガーデニング好き | 2008年8月 4日 (月) 14時29分

ろこちゃんさん♪

お久しぶりでございます。お元気でしたか?
わたしは、もうガーデニング初心者と言いますか、引っ越す際には「草の生えないところ」を目指していたぐらいの人間ですので、鬼の霍乱のようなこの「すずらん騒動」、まるで年に一度ぐらい英語の翻訳を受けるようなもので、大変危険ですな(笑)。

すずらんがそんなに増えやすいものとは存じませんでした。オマケに、種付け禁止令等まで出ているのですか? 綺麗で、可愛くて、子沢山で、毒があるなんて、人間の女だったら歴史を動かしますね、きっと。
そう言えば、最近蜂五郎はとんと見かけませんが、挨拶もせずにどこへ行ったのでしょう? 天寿を全うできたのなら良いのですが……

投稿: 樅の木 | 2008年8月 4日 (月) 18時48分

わ~い、納品済んで晴れ晴れ(陣中見舞ありがとうございました)、なのにこっちでは外はゲヴィッタです。
すずらんは、5月の誕生花だったようなー?(私5月生まれ、ありちゅんさん6月生まれ、しゅぱさん7月生まれ、3匹ケーファー)
今年うちで初めて試みたベランダ園芸、この暑さでみごとにすべて枯れました。
樅の木の先にすずらんがついていたら、きっとかなりかわいい気がします。

投稿: あむ | 2008年8月 5日 (火) 12時54分

あむさん♪

おわりましたか、あれ(イミフ)。お疲れ様でした。
ふ~ん、三匹、いや三人とも誕生月が並んでいるんですね。誕生年は?

樅の木の先にすずらん…… 交配させます? て言うか、そのような先進技術の特許でも翻訳されましたか? (^m^)

投稿: 樅の木 | 2008年8月 5日 (火) 16時21分

樅の木さま~

樅の木家のすずらんはその後どうでしょう?
我が家のすずらん花が咲き終わったあと確かに花茎は摘み取ったはずなのに、今日すずらん近くの芝の手入れをしていたら、葉っぱのかげにオレンジ色の美しい玉がひとつ・・・毒が強いというあの種が・・・ナント!見事に美しい実となっていました~。
毒が強いというのに私はまだそのままにしております。なんだか取ってしまうのもかわいそうかな~なんて・・・。
決してこの実の毒を何かに利用しようなどとはゆめゆめ思っていませんよ~!(念のため)
でもこの実どうしましょう・・・。

投稿: ろこちゃん | 2008年10月 9日 (木) 21時38分

ろこちゃんさん♪

我が家のすずらんのプランターはまだベランダに出たままです。葉っぱや茎はもう枯れてしまったので、ちょん切ってプランターの土の上にかぶせています。実は6つぐらい成っていたのですが、4つは萎れ、2つだけ、ろこちゃんさんたくと同じく鮮やかなオレンジ色と言いますか、「照柿」色とでもいいますか、そんな色になってまだ生き残っています。花の時期が終わっても、命はずっと続くのですね。人間も同じですなあ……

投稿: 樅の木 | 2008年10月11日 (土) 17時00分

>>花の時期は終わっても、命はずっと続くのですね。人間も同じですなぁ・・・

わ~!意味深!!(私も花の命は短く終わりましたが・・・何か?)
でも深~いお言葉!!

すずらんの実そのままにしておいたらどうなるのでしょうね?見守っていくことにしましょうか・・・。

投稿: ろこちゃん | 2008年10月14日 (火) 22時20分

ろこちゃんさん

わたしも花の時期は終わっていますが、…… と言うよりそんなものがあったのか疑わしいですが (^^;)
 
わたしも煙草を吸わなくなってから、あまりベランダに出ないのでいつも放ったらかしです。結果的に「見守る」ことになるでしょうね(笑)。

投稿: 樅の木 | 2008年10月15日 (水) 10時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Maiglöckchen】 すずらん:

« 【Gabel und Messer】 ナイフとフォーク | トップページ | 【Moll】 短調 »