« 【Maiglöckchen】 すずらん | トップページ | 【Olympiade】 オリンピック »

2008年8月 1日 (金)

【Moll】 短調

Moll(モル)(中):短調 …… 憂鬱、憂愁、等という意味でも使われる。長調は明るく、短調は暗い、と言うステレオタイプの理解がなされているがその通りである。わたしは、子供の頃から短調で書かれた音楽が好きであった。長じてグリークラブで歌を歌っていた頃、長調の曲を短調に転調して歌うことが流行ったことがあった。いまは懐かし「合ハイ」の罰ゲームでは、長調の曲を短調に転調して歌いながら腕立て伏せまたは腹筋をすると言うのが採用されることもあった。「咲いた(♭)~、咲いた(♭)~、チューリ(♭)ップのはな(♭)が~♪」などのように「演奏」する。短調でも、とりわけ悲しい曲調のものを「ど短調」と言う。

**********

 短調と言えばやはりロシア民謡であろうか。わたしは子供の頃からロシア民謡が好きだった。

 生まれて初めて聴いたロシア民謡は何だったのか、まったく覚えていないが、おそらく「ともしび」だったと思う。♪夜霧~の彼~方に~、別れ~を告げ~、雄々し~き益~荒男~、出でて~行~く~♪ と来れば誰でも知っているはず。多分NHKの「みんなのうた」で聴いたのだと思う。

 あの頃、「みんなのうた」では昔からの名曲が放送されることが多かった。歌っていたのは、例えば西六郷少年合唱団などで、名前を今でも覚えている。最近の「みんなのうた」は妙に媚びたようなポップなものが多いような気もするが実際はどうなのだろう。古き良きものに触れることは良いことである。

 「みんなのうた」でいちばん記憶に残っているのは「さあ太陽を呼んでこい」という歌で、これもたしかどこかの少年合唱団が歌っていた。♪夜明けだ夜~が明けて行く~、どこかで誰~か口笛を、気~持~ち良さそに吹いている、最後~の星~が流れてるusw ふと思い出して検索してみると、なんと石原慎太郎作詞、山本直純作曲であった。へえ~。そして、この曲も短調だ。

 どこかで誰かが言っていたことだが、「短調の曲を歌わせるのは、子供らしさを失わさせる」とか、そのような主旨の発言を聞いたことがある。アホか。短調のもの悲しい曲を聴いて、子供なりに「哀切」を感じることも良い体験だとわたしは思う。

 わたしの好きな作家のひとりに朱川湊人(しゅかわみなと)さんと言う方がいる。「不思議系」のお話しを書く人で、中にはキモいおはなしもあるが、基本的にほのぼのとした暖かい読後感を与える作品を書く人である。オール讀物で新人賞を受賞してデビューしたら、数年で「花まんま」という短編集で見事直木賞も貰っちゃった人である。

 その直木賞受賞作である「花まんま」という短編集の最初の短編「トカビの夜」で、主人公とその友達の会話の中に「パルナスのCMソング」が登場する。主人公の友人チェンホが胸をさすりながら「何かその歌、寂しい感じがするやろ。聞いとったら、このへんがシクシクするような気がするんや」と言うシーンがある。

 この短調のCMソングは、わたしぐらいの年代の人にはとても懐かしいものである。ただし関西周辺でしか聞かれなかったようで、モスクワの味とか銘打っている割には、日本でいちばんロシアに近い稚内生まれのわが妻は「知らん」と言った。これは、中村メイ子さんとボニージャックスが歌っていた。心に残るCMソングとしてCDにも収録されたと言うが、パルナスの会社自体は、過当競争の時代に入ってから「やりたいことはやり終えた」として無借金黒字経営のまま2000年に営業を停止し、2002年には精算も終了したと言うことだ。今でもあるかどうか知らないが、阪神尼崎駅にある喫茶店「モンパルナス」はパルナス出身の店主が、パルナスの製法を受け継いだピロシキなどを供する店であるという。詳細はウィキペディアで。

You-Tubeでもありますな。探偵ナイトスクープで取り上げられたらしい。この頃はまだ営業していて、豊中の本社まで押しかけている。社長はんのざっくばらんなところがおもろい。

え? なんと、わが後輩たちの歌うアカペラまで! (ToT)

嗚呼、ユニフォームもエンブレムも昔のままやんけ~ (ToT)

なんか、今回の記事の主旨、完璧に外れてる~。短調から始まって、気の向くままに書いてたら「みんなのうた」に行って、「哀切」とか言うてたら、パルナスに行き着いて、検索してたら後輩達の勇姿にたどり着いてしもた。懐かしい。今は団員数もずいぶん減って、消滅しそうやとか聞くけど、頑張ってくれ~!

あ、なんだかだと言いながらロシアに帰ってきた……

|

« 【Maiglöckchen】 すずらん | トップページ | 【Olympiade】 オリンピック »

音楽」カテゴリの記事

コメント

後遺症か、モルと聞いたら、molのほうを浮かべてしまいました。
子供は、じつは結構モルが好きなんだそうですよ。私も子供のころのオハコは「ブルーライトヨコハマ」でございましたわ・・・。やっぱり、Durで外に向かってばかりいると、内にも向きたくなるってもんです。
ロシア民謡といえば、「走れトロイカ」ですな~

投稿: あむ | 2008年8月 5日 (火) 13時01分

あむさん♪

わたしのMoll好き、一種の後遺症かも知れません???

ブルーライトヨコハマ、覚えてますよ~。わたしの初めて好きになった流行歌は、「禁じられた恋」(von 森山良子)でした。

投稿: 樅の木 | 2008年8月 5日 (火) 16時25分

さっきのコメント、こっちに書いたつもりでしたー。
あのあと、色々読ませていただきました。
すっかり日がのぼり、今さら寝るわけにもゆかず・・・

私も語学が好きです。
よちよちとイタリア語、忘れた頃にやってます。
学生時代はスペイン語。
半年だけフランス語。
ドイツ語は4日間だけで、まったく頭にハイリマセンでした。

投稿: パルナスケーキ | 2014年3月23日 (日) 06時38分

パルナスケーキさま、

コメントを頂いてから1ヶ月以上も経っていますね ^^; 全くの放置状態で申し訳ありません。

「さあ太陽を呼んでこい」はYouTubeでも当時のものが視聴できるようですね。懐かしいです。慎太郎さんは昔から「太陽」がキーワードだったのでしょうね。

投稿: 樅の木 | 2014年5月 2日 (金) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193258/42029669

この記事へのトラックバック一覧です: 【Moll】 短調:

« 【Maiglöckchen】 すずらん | トップページ | 【Olympiade】 オリンピック »