« 【Einsiedlerkrebs】 ヤドカリ | トップページ | 【Heimkehr】 帰郷 »

2011年4月21日 (木)

【Natürliche Strahlung】 自然被ばく

Natürliche Strahlung (ナテューアリッヒェ・シュトラールング)():自然被ばく …… 普通に生活していても人体は放射線被ばくしている。わかっているようでわかっていない事実のひとつだ。

**********

原発事故に絡んで、原子力に関するさまざまな情報が飛び交う中、この言葉を耳にした人も多いだろう。これは、人間が通常の生活をしていて被ばくする量、あるいはその事実そのものを言う。レントゲン検査などは自然被ばくに入らない。

これには、宇宙から飛んでくる放射線、地球から放射される放射線、そして食べ物や空気に含まれる放射線などがある。

宇宙から飛んでくる放射線も、地球を取り巻く空気の層を通ると可成り弱まるらしく、地表での線量と10000mぐらいの上空を飛ぶ飛行機に乗っている時の線量とでは大きく違い、上空の方が34倍の線量があると言われる。宇宙空間などはもっとだ。宇宙ステーションなどでの長期滞在をすれば、必ず沢山被ばくする。

かと思えば、地球から、すなわち足下からも放射線が飛んでくる。これは地中に含まれているウラン鉱床などからの放射などだ。日本でも中部地方あたりはこの「足下からの線量」が多いそうだ。また、建物の建材や位置などによっても線量が違い、地下街などに入ると当然足下からの線量は高くなると言うことだ。放射線は上からも下からも飛んでくる。

そして体内被ばくである。これが最も怖いと言われているが、ところが人体にも必要な栄養素として知られているカリウムに同位元素があり、これはそれだけ取り分けるわけにはいかない。子供の頃は、料理から人参だけ取り除いたり、ピーマンだけ取り除いたりしたという記憶がある人も多いだろうが、カリウム40だけ取り除くわけにはいかない。他にもラドンガスとかを吸引することもあると言う。

この年間自然被ばく量は、日本の平均で0.81.3mSv[ミリシーベルト]と言われる(国外の値はもう少し高い)。そしてこの放射線被ばくによって引き起こされるDNAの損傷は、我々の身体が持っている修復能力で修復される。これを超えたら全く駄目かというとそうではなく、これに加えてレントゲンやCTなどの検査で一度に大量に被ばくすることがある。たかをくくってはいけないが、人間の身体は可成りの量のDNA損傷をリカバーすることができるのだ。

何が言いたいかというと、必要以上に放射線被ばくを恐れる必要はないと言うことだ。まあ、「必要以上」が「必要ない」のは当たり前と言えば当たり前だ。つまりこれは風評被害のことを言う。最近あったつくば市役所の愚挙のように、調べもしないで怖がっているだけだと、放射線被ばくと伝染病とを同じ視点で観るようなことも起こってくる。怖ければ調べればよいのだ。情報はそこら中にある。昔と違って今はその気になれば、門外漢でも少々のことなら十分情報が獲得できる。

もし、一粒でも放射性物質が身体についたらもうアウトだ、などと考えて恐れている人がいるなら、そこまで恐れる必要はないと言いたい。もちろん、被ばくは極力避けなければいけないが、被ばくした人に対しては失礼に当たらないようにしなければならない。被ばくした人と付き合ってガンになったりはしない。むしろ、被ばくした人に冷淡であったことを怒った誰かによって、階段から突き落とされて頭を打って死ぬという可能性だってゼロではない。そうなったら、無用な用心が寿命を縮めたと言うことになる(←これはほとんど小説)。

人間は誰でも自然被ばくしていること、そしてそこから起こるDNAの損傷を立派にリカバーして皆生きていること、を意識するなら、もう少し落ち着いた対応ができるのではないだろうか。

|

« 【Einsiedlerkrebs】 ヤドカリ | トップページ | 【Heimkehr】 帰郷 »

ぶつやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Natürliche Strahlung】 自然被ばく:

« 【Einsiedlerkrebs】 ヤドカリ | トップページ | 【Heimkehr】 帰郷 »