« 【Zuhause】 家で、故郷で | トップページ | 【Staatsbahn】  国有鉄道 »

2011年6月17日 (金)

【Barbierstube】 床屋

Barbierstube (バルビーアシュトゥーベ) ():床屋 …… 英語ならBarber shopと言うところか。英語でbarbershopと言うと、「床屋」の他に「男声の」、「密集和声の」という用法もある。これは19世紀のアメリカで、床屋に集まった男達が無伴奏でカルテットを楽しむのが流行したことに起源を持つ言葉だ。

**********

 ドイツ語でbarbierenと言えば「髭を剃る」という意味で使われる。床屋は髭を剃る店だった。現代では床屋と言えば月に一回行って「一ヶ月分切って」と言って椅子に座る店のことを指す。しかし、美容院に行く男なども増えており、床屋に行く=ダサいみたいな図式が出来上がりつつあるような気がする。しかし、かつて男達がもっと男であることを楽しんでいた頃、朝床屋に行って出勤前に髭をあたって貰うと言うことが普通に行われていたと言う。わたしの在独時代の行きつけのミュラーさんは、「俺が若かった頃は、みんな仕事に行く前にうちの店に来て髭を剃っていったもんだよ。もう、朝は忙しくてね、客も俺も立ったままで髭剃りだったな」などと懐古していた。お代も安かったのだろう、3マルクとか5マルクとか言っていた記憶がある。

 以前このブログで、床屋について書いたことがある。その趣旨は、「大阪の床屋は上手い。ちばらぎの床屋は下手くそ」というものだった。それは、髭を剃る腕前、と言うより考え方=姿勢の違いだ。大阪の床屋で顔を剃って貰うとホンマにつるつるになる。顔剃りの後、客に自分で顔を洗わせてつるつるになった、すなわちしっかり剃ったことを確認して貰うと言うことが当たり前になっている。ちばらぎの床屋の顔剃りは、東電の記者会見のようなものだ。事後、触ったらもうざらざらだ。だからわたしはいつも、ちばらぎで床屋に行く時は電気剃刀を持っていって、店から出たら車の中で髭を剃っていた。この現象は複数の店で見られた。わたしはごっつ不満だった。

 関西に帰ってきて、床屋に行く暇もなかったのだが、母の見舞いに行った帰りに床屋を見つけて飛び込んだ。そこは、カットだけなら900円というえげつなく安い店だったが、それはそれで有り難い。つまり、こういうスタンスの店なら、すぐに終わるだろうという計算が成り立つのだ。こういう値段だから回転をあげないと採算が取れないからだ。そもそも、女性と違って男の場合は髪の毛が短くなればそれでよいのだ。ガキの頃からそうだったが、わたしは、いかにも「ついさっき床屋に行ってきました」という「正座したような」髪型が嫌で、床屋から出たらすぐ頭を「わしゃわしゃわしゃ」とやっていたものだ。床屋は早ければ早い程よい、と言う程度に考えている。ただし髭はきちんと剃って貰いたいが……

 そう言うわたしは、実は三月初頭から髭を伸ばしている。今回は安い店で触られるのが何となく嫌で、カット+洗髪にして貰った。カット+洗髪で1200円だ。これに顔剃りも入れると1500円。セットメニューにはモーニングサービスと言うのがあって、トーストとゆで卵は出て来ないが、平日午前中は200円ぐらい割引してくれるらしい。今度は早めに行って髭もあたって貰おうか?

 わたしが入店した時、2名の先客がいた(椅子も2脚だけ)。そして順番待ちが1名。しかし10分でわたしの番になったのは、見込み通りだ。順番を待ちながら仕事っぷりを見ていた。腕はよいと思う。早くあげるために、別の言い方をすれば900円分のサービスで収めるために、たいへん手際よく仕事を進めていた。そして、そのカットだけの客のカットが終わり、合わせ鏡で見せてOKを貰ったら…… なんと、客の頭に掃除機を当てた。ど~ん。もちろん「どたま専用」の掃除機に決まっているが、これはええな~と思った。女性のカットはどうだかわからないが、男の短髪のカットは毛屑が大量に発生して頭に付着する。これを除染、もとい始末するのにはブラシや刷毛でお上品にやるよりは、掃除機の方が断然効果があると思う。

 日本の床屋で、バーバーショップ・アンサンブルが普及してくれないだろうか……

|

« 【Zuhause】 家で、故郷で | トップページ | 【Staatsbahn】  国有鉄道 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

樅の木さん、大阪暮らしお楽しみのようで何よりです。お母様もお変わりないのでしょうか。
床屋さんの掃除機って、あの、天井から吊ってあって手で掴んで下ろしてくるというか、そう言うものです、か?

投稿: バッカス | 2011年6月17日 (金) 18時59分

バッカスさん♪

コメントありがとうございます。
母は今のところ落ち着いています。ご心配頂きありがとうございます。

ところで掃除機は普通の掃除機でしたよ。小さめのハンディなタイプでしたが、その気になれば床も掃除できるあれだったと思います。^^;

投稿: 樅の木 | 2011年6月17日 (金) 21時28分

もみさま~ ちょびっとご無沙汰です~。お母様のお加減はいかがですか?

ところで掃除機。フサフサのもみさまなら心配は要らないでしょうが、中には「おいおい、待ってくれ~」と焦る人もいらっさるでしょうね… なけなしの残り毛まで風圧で引っこ抜かれたらタイヘンですもん。

投稿: ありちゅん | 2011年7月11日 (月) 12時23分

ありちゅんさん♪

お久しぶりです。^^
お袋の状態は寝てるけど元気ってやつですね。あまり我が儘もいわないようですから、まだしっかりしているというところでしょうか。

掃除機はびっくりしましたね。フツーの小型掃除機でしたもんね~

投稿: 樅の木 | 2011年7月11日 (月) 18時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Barbierstube】 床屋:

« 【Zuhause】 家で、故郷で | トップページ | 【Staatsbahn】  国有鉄道 »