« 【Trauerzeit】   喪 | トップページ | 【Wahlbeteiligungsrate】  投票率 »

2013年7月 8日 (月)

【Wahl】  選挙

Wahl(ヴァール)(女): 選挙、選ぶこと、他 …… さて、母の一周忌も済んだので、そろそろブログでも書くべい、と思ってみると、選挙がすぐそこだ。国民として、選挙には行かなければならない。しかし、投票するならよく考えてしなければならない。ワシの票を浮動票扱いはさせへんで。

**********

選挙毎日というサイトがあり( http://senkyo.mainichi.jp/ )、そこには手回し良く、今回の参院選候補者へのアンケート回答が掲載されている。回答は選択肢から選ぶものだが、選択肢以外の回答については「非該当」となっているのが何とも役人仕事のようで脱力する。選択肢だけで答えきれるような設問ばかりではないのであって、非該当の回答にこそ知るべき情報が含まれているのではないかとも思う。まあしかし、おおよその傾向は把握できる。各候補者も、選択肢だけで答えきれないものに対しては、敢えて非該当の回答をしたか、あるいは無回答にしたのだろうとも思う。不本意な選択肢しかないような場合はもちろん無回答か無効回答になるだろう。しかし、それがあまりに多い候補者もどうか? と思ってしまう。非常に微妙だ。

ところで、一連の質問の最後には東京の小中学生500人に考えて貰った質問というのが7つあった。そのなかで、「外務大臣は英語が話せる人に限るべきだと思いますか、思いませんか。」という質問があった。わたしなら、「絶対思わへん」と答えるぞ、これは。外相という役職は、外交をするのが仕事であるから、外交センスのある人が勤めるべき職である。外交センスと外国語能力が一致するとは限らない。むしろ、どんなに英語等が達者でも、大抵の場合母語と外国語とでは表現力が違いすぎる。下手に自分で喋るより、語学の専門家に任せるべきだ。外相の語学力を云々するよりは、そのような公的な場における通訳者の技能および良識の育成に努めるべきだろう。

毎日新聞が言うように、この質問が実際に小中学生から出て来たものと仮定しておこう。では、彼らはなぜこのように考えるようになったのかを考えれば、やはり安直な「語学力信仰」が背景にあるのではないかと思う。別な言い方をすれば「バイリンガル信仰」とでも言おうか。しかし、ひとつの(あるいは複数の)言語を身につけているというのは何も特別なことではないのだ。それが証拠にドイツ語なんか、ドイツに行けばガキでも喋っているではないか。バイリンガル教または語学力教の信者の皆さんは、「複数の語学をマスターしている=インテリジェンスが高い」、というぐらいの簡単すぎる考え方をしているような気がする。しかし、バイリンガルなんて、それが当たり前の環境で育てばバイリンガルになる。希少価値ではあるが、インテリジェンスの高低とかとは関係がないと思う。むしろ、日本人が互いに日本語で会話しても、話が通じないことがあるという事実に気付くべきだ。国語力、ひいては語学力そしてコミュニケーション力というのは、小さい頃から訓練すれば誰でも向上すると言うものではない。絶対音感というものなら、適切な時期に鍛えれば大抵の子供はその周波数の音を覚えてしまうだろう。しかし、絶対音を持っているからと言って、必ずしも歌が上手いとは限らない。それと同じだ。コミュニケーション力(または表現力、理解力)を向上させるのには、手技的感覚のトレーニングではなく、知性を刺激するような環境が大切なのではないか。

学校における英語の早期教育にはわたしは反対だ。むしろ、国語力をつける方向で考えて欲しいものだ(教師の国語力も含めてな)。

|

« 【Trauerzeit】   喪 | トップページ | 【Wahlbeteiligungsrate】  投票率 »

ぶつやき」カテゴリの記事

コメント

いつの間に更新・・・
私のチェックミス。

私も幼少期の英語教育に疑問を感じておりますが・・・
バイリンガルがカッコいいのはちゃんとコミュニケーションを取れているからと知りつつ、それでも自分の知らない言語を自由に話せる人を尊敬してしまいます。
これも語学力信仰ですね( ̄ー+ ̄)

投稿: くすりやさん | 2013年7月10日 (水) 18時42分

いつの間にコメントが…
わたしのチェックミス。

確かに、しゃべれることはコミュニケーションの第一段階ですけどね。でも、自由にしゃべれているように見えても(聞こえても?)本人は自由にしゃべれているとは感じていないことも多いです。ましてや周囲のネイティブがどう感じているかはわかりません。

わたしも現地にいた頃は結構しゃべり倒しましたが、ネイティブの人には、変な外人ってところだったかな? ボビー・オロゴンさんがテレビでしゃべる日本語と同じような感興を与えていたような気がします。笑いは沢山取りましたけどね ^m^

投稿: 樅の木 | 2013年7月12日 (金) 20時20分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Wahl】  選挙:

« 【Trauerzeit】   喪 | トップページ | 【Wahlbeteiligungsrate】  投票率 »