ヨーロッパ

2008年7月 7日 (月)

【Gabel und Messer】 ナイフとフォーク

Gabel und Messer (ガーベル・ウント・メッサー)():ナイフとフォーク …… 順番的にはフォークとナイフと訳さなければならないところだが、通りの良いのはこっちだろう。ドイツでドイツ人が「Messer und Gabel」と言うのは聞いたことがなかったし、日本でも「フォークとナイフ」という言い方をされているのを現行犯で逮捕した記憶がない。昔、日本人が海外に出て行き始めた頃は、「ナイフとフォークで食べることができるか?」と聞かれることが頻繁にあったらしいが、最近ではお箸を使うことのできる欧米人も増えてきており今後の成り行きが注目される。

**********

ナイフとフォーク、すなわち洋式の食事ということになるとあちこちで話題になることのひとつに、フォークの背中にライスを乗せると言うものがある。初めて聞いたときはわが耳を疑ったが、まだ耳が遠くなるような年齢には達していなかったので、聞き違いではなかったのだ。

まだ、パスポートすら手にしたことの無かった頃、試してみた。その食べ方を。何度かやっていると出来るようになった。日本の米だったから出来たことなのだろう。タイ米だったらそうは行かなかったはずだ。自分としては、この『マナーに叶った食べ方』をマスターしたと言うことで、外で食事をするときにもしばしば披露した。すると、上には上がいるもので、わたしの倍くらいのスピードで食べる御仁もいた。

実際にドイツで暮らした10年以上の間、ライスをそのようにして食べる光景にはお目にかからなかった。「日本ではこんなことを言われてたんだけど……」と言うと、「多分イギリス式じゃないか? あいつら、ろくなもの食ってないからそんな変なこと考えつくんだ」と言う意見があった。後日調べてみると、どうもやっぱりそうらしい(日本人の創作という俗説もあるが、どうもイギリス式というのが本当っぽい)。

しかし、そもそもヨーロッパでは日本のように米を主食として食べることは伝統的に無かったのであるから、ライスの食べ方など決まっているはずがないのだ。日本人の創作というのもこの辺が論拠なのかも知れないが、わたしは、英国式のマナーの目指すところを理解した誰かが、それを日本の食卓にも応用したのだろうと思う。英国人の誰かに「あなたならナイフとフォークを使って、どのようにライスを食べるか?」と聞いたかだろう。

日本で言われているマナーには、例えばスープを飲むときは、スープ皿の手前を持ち上げて、向こう側にたまったスープをすくって飲む、と言うのがあったりする。いくつかのそんなものを知って考えるに、無駄な動きを禁じているのではないかと思った。左手の中で、フォークを表にしたり裏にしたりすることとか、果てはフォークを右手に持ち替えるとか、あるいはスープ皿の向こうからスプーンを回してきてスープをすくうとか言うのが、無駄な動き、美しくない動きと誰かが決めたのであろう。姿勢を変えずに、静かに座したまま、最小限の動きですべてを美しく完食することに価値を見いだしていたのだろう。まあ、ただ持ち替えるが面倒だったという考え方もあるが…… 

また、話の出典を皆目思い出せないのだが、騎士団などの特殊な閉鎖的な集団、仲間意識(=排他意識)の強い集団で、仲間のしるしに特殊なマナーを考案して、それをするかしないかで仲間だの敵だのとやっていたのだ、それがそもそもの始まりだと言う説を聞いたことがある。

まあ、ことの経緯はともかく、飯の食い方ひとつでこちらがどう評価されるかなどを気にしていられるかと思う。一方、汚らしく食べるのはやはり気分の良いものではない。周囲が気持ちよく食べることの出来る食べ方が出来れば良いのだろうと、今では達観(?)している。

しかし、ヨーロッパ暮らしを長く続けたおかげで、ナイフとフォークには違和感がない。フォークの「腹」に大量のライスやジャガイモのピュレーを乗せる技術は可成り上達したし、スプーンを真っ直ぐ正面から口に入れるのは、そうしてみるとスプーンの形が人間の口にぴったりと合うからだと勝手に解釈して納得している(なぜなら、犬の口にはあの形状は合わないではないか)。我が家では、お好み焼きをナイフとフォークで食べる。これは最高である。鉄板の上でコテで「はふはふ」出来ない状況下では、お皿の上のお好み焼きを、ナイフとフォークで食べるのがいちばん食べやすい。赤ワインまたはひやしあめが合う。ルネッサ~~ンス!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月30日 (木)

【Glühwein】

Glühwein(グリューヴァイン):グリューワイン ・・・・・ 主に中部ヨーロッパで、クリスマス前にクリスマス市や家庭などで好んで飲まれる、香辛料や砂糖を加えて暖めて飲むワイン(やっぱりタイトル表示は独和にしよう・・・)

ヨーロッパでは、クリスマス前になると、クリスマス市などでグリューヴァインが飲まれる。クリスマス市の目玉と言っても良い。クリスマス前の時期に、確固たる地位に迎えられる飲み物だ。寒い寒いヨーロッパの、寒い寒い季節に、寒い寒い屋外で飲む、暖かぁぁぁいグリューヴァインは可成り美味しい。まるで、まる一日絶食した後に食べるおかゆのような味わいがある。かも知れない。

ネット内某所でこのことが話題になり、わたしにレシピを書けと言う外圧が高まって来たので、よっしゃ♪と言うことで結構自主的に書いてみたら、こっちでも書いたら?というお勧めをアリー・チュントワネットさんから頂いたので、少し書き換えて転記する次第。

とは言っても、これもいろんなレシピ・・・ローカルレシピがあると思う。わたしの以前の日記でも、グリューヴァインが少し話題に上り、takuyaさんが手元にあるレシピを書いてくださったが、各所で微妙な、あるいは大きな違いがあることだろうと思う。かつてわたしが自分で作ったときに手がかりにしたものは、すでに現存していないが、ネットで見つけた以下の内容とほぼ同じ:

普通のグリューヴァイン

辛口の赤ワイン 1L

レモン 1

シナモン 2

チョウジ(丁字)3個・・・(クローブとも言うのかな?)

砂糖大さじ3

カルダモン少々(わたしは使わなかった。と言うかカルダモンが何なのか知らなかった。今も知らない)

作り方:

ワインを暖める。沸騰させてはならない。沸騰させないためには、多少時間はかかるが「湯煎」という手がある。

レモンをスライスし、ワインが暖まったら他の材料と一緒に「どばっ」と入れる。おしとやかに入れても良いが、味を出すのが目的であるから、手早く入れるのが大人である。

5分間加熱する(沸騰したらアカン)

火から外す

フタをする

1時間置く

もう一度暖めて、ストレーナーで漉して淹れる

飲む

酔っぱらう

歌う

寝る

余ったら、全部漉して保管するか、意地で飲み切る。

* * * * * * * * * *

このほかにも、白ワインベースで作る方法や、ブランデーなどを混ぜてアルコールを強くするレシピや、オレンジを使うやり方などもある。好みに応じて、いろいろ思い切ったアレンジの出来るものだと思う。新作発表だって出来ると思う。

ドイツでは「グリューヴァインの素」みたいなのを売っているらしい。わたしが自分で作ったときは、生姜の絞り汁とか、ウゾというギリシャの焼酎を入れて、催眠効果を狙ってみたが‥‥‥ orz これはちょっとまずかったかも知れない f(^^;)

スイス風グリューヴァイン

材料:

軽い赤ワイン1 L

1/2 - 1 L

好みにより以下を加える:

砂糖

シナモンスティック

チョウジ2

レモンの輪切り

作り方:

すべて一緒にして加熱する。沸騰させてはならない。

好みにより、砂糖、香辛料を加える(味を調える)

☆これは、ライトなものになりそう。スイスでは葡萄は採れないのではないかな?だったらワインは輸入物だから、そこにスイス自慢の「お水」を入れたのだろうか?寒い土地柄だから、アルコールを薄くして、沢山飲んで暖まれるように工夫したのかも知れない。

* * * * * * * * * *

白グリューヴァイン

材料:

ミュラー・トゥルガウの白ワイン 2 L

オレンジジュース 1/4 L

砂糖大さじ7

グリューヴァインの素 大さじ6

シナモンスティック1

チョウジ少々(1 Messerspitze とあるので、おそらく粉末)

作り方:

ワインを加熱し、材料を次々に入れていく

好みにより、砂糖や香辛料を加える(味を調える)

☆ワインをミュラー トゥルガウに指定しているのは何故かな?と思うが。香辛料を加えるという行為にいちばん適していると言うことなのだろう。そもそも、「モノを加えて手も加える」グリューヴァインという飲み物には、白よりも赤が適しているのだろう。

「グリューヴァインの素」、というのが謎。シナモンとチョウジはすでに入っているので、レモン、生姜系だろうか?わたしもこれは飲んだことがないので、何とも言えない。作るのなら少量ずつ試して見ながら作るしかない。

* * * * * * * * * *

そもそも、白ワインなら良いものがいっぱいあるけれど、赤ワインと来たらてんで面白くないのがドイツワインってものである。「なんでドイツの赤ワインはこんなにさらさらなのか?もっと、どっしりしたのはないのか?何故つくれないっ!」と、わたしはドイツの赤ワインについては一度も満足したことがなかった。そのドイツのクリスマス市に出てくるグリューヴァインですら、わたしは赤いのにしかお目にかかったことがない。それほど、グリューヴァインには赤が適している、および/もしくは、白ワインがグリューヴァインに適していないのであろう。白のグリューヴァインは、どっちかというと色物なのだろうか?白いんだけど。 赤いグリューヴァインを何度か作って、作り方に慣れたところで試してみるヴァリエーションという感じがする。

あと、作り方はもう、材料を入れて加熱するが沸騰させない。それから、熱源から離してしばらく置くというあたりだけ気を付けていれば良いということで、問題は「さじ加減だけ」!

↓今回参照したレシピの載っているサイト

http://www.weihnachtsideen24.de/getraenkeideen/gluehwein_rezepte.html

ドイツ語ですが・・・(^^;)

今年は、我が家でも、グリューヴァインをつくってみようかな?

| | コメント (12)

2006年11月10日 (金)

【オーストリー】

オーストリー:Oesterreich (エスターライヒ) (国名) ・・・・・ ウィーンを首都に持つヨーロッパ東部の国。その昔は「オーストリア・ハンガリー帝国」として東ヨーロッパに君臨していた。老後を外国で過ごすなら、わたしは「ウィーン」!

日記のタイトルを、これからしばらくは和独で表記しようと思う。まあ、気分次第で元に戻すかも知れないが・・・・・

さて、某SNSで知ったことなのだが、早速裏を取ってみた。

http://www.austriantrade.org/japan/our-office-in-tokyo/ja/

日本における、Oesterreichの正式呼称を「オーストリア」から「オーストリー」に変更するということだ。理由は、オーストラリアと間違われるからだということ。「オーストリー」でも、間違いやすいと思うのだが、少しはマシになるのだろうか?No Kangaroo in Vienna のTシャツが売れなくなるという声が一部にあるようだが、今後の展開に注目したい(かな?)。

間違われると言うのは、実際面でも不都合が多いし、気分的にも良いものではない。
わたしは、ドイツにいた頃は小さな街に住んでいて、そう言う街では必ずと言って良いほど中国人に間違われた。まず、似ていると言うのがあるが、それと中国人はドイツ全土に存在すると言うこともあるだろう。中華料理は世界中どこに行っても人気があるようで、中華料理店はドイツの隅々にまで出店していると思われる。互助会的な組織もあるらしい。デュッセルドルフの中華料理店と、バーデンの小さな街の中華料理店の使っていた「おしながき」がまったく同じモノだったので、そう思っただけなのだが・・・・・

それに引き替え、日本人はどうやら大きな街にしか居ないらしい。もう少し正確に言えば、小さな街にももちろん居るけれど、偏りが大きいというべきか?そのせいか、フランクフルトやベルリンでは、「あなたは日本人ですか?」と聞かれることの方が多かった。

ヨーロッパ人から見れば、日本人、韓国人、中国人の見分けなど付かないだろう。わたしの知り合いの地黒の女の子などベトナム人と間違われていた。旧東独での話で、まあ、これはこれで納得させられる部分もある。われわれだって、ドイツ人、フランス人、イギリス人の見分けなどつかないのだからこれはもう仕方ないのだ、と思ってはみるけれどやはり間違われるって言うのは嬉しくない。

実際的な面の不都合は、Austria/Europeと書くなどすれば大丈夫だと思うし(今までそうやって来たんだし)、大差ない名称に切り替えると言うのは、やはり「気分が良くなかった」のではないだろうか?と思うのだがいかがなものだろう?どうせだったら、「エスターライヒ」にすれば良いのにと、ドイツ語族のわたしなどは思うのだが・・・・・

| | コメント (10)